定番は揺るがず
メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)……832万円

「Sクラス」と「Cクラス」に挟まれた「Eクラス」は、メルセデス・ベンツのど真ん中であり軸である。軸であるからには、求められるのは突出した性能より、まずはバランスの良さであり、安定感だろう。そういう意味では、最もメルセデスらしくあらねばならないのがEクラスと言えるかもしれない。

「E220dステーションワゴン」で走りだしてまず感心させられるのが室内の静かさである。2リッター直4ディーゼルターボエンジンが発するノイズの遮断が優れており、加えて室内に透過してくる音も耳障りでない。もちろん9段ATによってエンジン回転数を低く抑えているおかげももちろんあるだろう。制限速度70km/h(ところによってそれ以下)の西湘バイパスを粛々と進む。

そして乗り心地の良さが印象的だ。足元の目地段差を柔らかく飲み込み、姿勢もピシッとフラットに保たれる。Eクラス ステーションワゴンのリアサスペンションには、電子制御セルフレベリング機能付きのエアサスペンションが装着されており、乗車人数や荷物の積載量にかかわらず姿勢が一定に維持されるようになっている。そのおかげで、こうして荷物なしで走っても、ワゴンにありがちな後ろ足が勝った感じがまったくしない。

今回のようなチョイ乗りでも、そのバランスの良さは十二分に体感できた。その完成度の高さゆえに運転していて退屈になってしまうほどだ。ついつい「もう少し刺激的たれ!」なんて矛盾した注文を付けたくなるくらいの、見事な“ど真ん中ぶり”であった。

(文=webCG 竹下/写真=田村 弥)

メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)
メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)拡大
 
第4回:バラエティー豊かなモデルが勢ぞろい輸入車チョイ乗りリポート~600万円から1000万円編~の画像拡大
 
第4回:バラエティー豊かなモデルが勢ぞろい輸入車チョイ乗りリポート~600万円から1000万円編~の画像拡大
 
第4回:バラエティー豊かなモデルが勢ぞろい輸入車チョイ乗りリポート~600万円から1000万円編~の画像拡大
ロータス エキシージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ロータス・エリーゼ ヘリテージエディション(MR/6MT)【試乗記】 2020.5.28 試乗記 日本限定モデルとして開発された、特別な「ロータス・エリーゼ」に試乗。こだわりのカラーリングも魅力だが、その走りは、ほかのスポーツカーでは得がたいドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る