本命は1.6リッター

ただSWは、ホイールベースが110mm長く、その分車重もあるので、勝負は微妙になってくる。もちろん値段を考えたら1.6だけど、カネが余ってれば2リッターのグワワワワ! という加速が欲しくなるな~。あくまでカネが余ってればですが。

カネが余ってるどころか実用車の値段には超絶シビアな私としては、SWでもやっぱ1.6だよな……という結論に達せざるを得ない。さらには「今ならディーラーのデモカー落ちとかがあるんじゃないか」とも考えてしまう。

ありました、323万8000円の「308SWアリュール BlueHDi」のデモカー落ちが、新車より60万円ぐらい安く! 支払総額300万円切り!

フランス車の弱点は、アイサイト系安全装備の貧弱ぶりだったが、308は衝突軽減ブレーキやアクティブクルーズコントロールも付いている。衝突軽減ブレーキは20km/h減速するのみで、性能的には「ないよりはマシ」程度でしょうが、それこそないよりはマシ! 私も中高年、次にクルマを買う時はそういうのが欲しい年頃だ。

308最大の弱点は、本来絶対的にオシャレさんであるべきフランス車としては地味すぎるルックスにあるが、この内容でこの値段ならそこは目をつぶろう! 楕円(だえん)の小径ステアリングはピッピ切れて気持ちいいし、ステアリングの上にメーターが見えるインパネも斬新だしネ!

なんだか真剣にデモカー落ちが欲しくなってきた。「デルタ」を売ってこっち買おうかな……。これ乗ってても、カーマニア人間国宝って感じは全然しないけどさ~。

(文=清水草一/写真=池之平昌信/編集=大沢 遼)

第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIってアリなのか?

身長174cmの筆者が後席に座った様子。頭上や膝まわりには十分な余裕があった。
身長174cmの筆者が後席に座った様子。頭上や膝まわりには十分な余裕があった。拡大
プジョーのSWらしく、パノラミックガラスルーフもオプションで装着できる。
プジョーのSWらしく、パノラミックガラスルーフもオプションで装着できる。拡大
荷室容量は定員乗車時で610リッターを確保、後席を倒せば1660リッターまで広がる。
荷室容量は定員乗車時で610リッターを確保、後席を倒せば1660リッターまで広がる。拡大
ボディーサイズは全長4585×全幅1805×全高1475mm。ハッチバックモデルに比べ、全長で325mm、ホイールベースで110mm大きい。

 

ボディーサイズは全長4585×全幅1805×全高1475mm。ハッチバックモデルに比べ、全長で325mm、ホイールベースで110mm大きい。
	 
	拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
ホームへ戻る