「ランボ」は日本の創作かと思ったら……

一方で、肩透かしを食らわされたときもある。

イタリアに来て間もなく、モデナにある伝説の元フォーミュラ・ジュニア・コンストラクター「スタンゲリーニ」を初めて訪問したときだ。

無礼なアポ無し訪問だったにもかかわらず、当主のフランチェスコ・スタンゲリーニ氏は大歓迎してくれた。やがて話題は、同じエミリア・ロマーニャ州のスーパーカーへと移り、ランボルギーニの創始者フェルッチオ・ランボルギーニの家族に及んだ。すると、スタンゲリーニ氏は言った。

「あ、ランボね。もちろん知ってますよ」

地元の人がランボルギーニをランボとは。日本のスーパーカー雑誌が創作した言葉と信じていたボクとしては、思わずその場でコケそうになったものだ。

参考までに言うと、後日知ったことだが、ロンドンのランボルギーニのインポーターは、ランボルギーニ車を「ランボカー」と呼ぶ。ミウラの時代から続く風習なので、フェルッチオ自体も、その呼び方を気にしなかったのは確かだ。

念のため、別の長老級カロッツェリア関係者にも先日聞いてみたが、「アルファ・ロメオをアルファというように、ランボルギーニはランボでいいんだよ」と太鼓判(?)を押してくれた。これでフェルッチオの墓に霊媒師を連れていって、そう呼んでいいか聞かなくてもオッケーになった。

ランボルギーニは、イタリア国内でも「ランボ」でオッケー。
ランボルギーニは、イタリア国内でも「ランボ」でオッケー。拡大
往年の「500(チンクエチェント)」は、フランスでは「ヨーグルト瓶」の愛称でも親しまれていた。
往年の「500(チンクエチェント)」は、フランスでは「ヨーグルト瓶」の愛称でも親しまれていた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事