顧客にとっての必然性は?

このような世界図式の中で、日本政府と日系自動車メーカーは風見鶏のような振る舞いを続けている。

EVなどパワートレインの電動化技術では、日本はこれまで世界をリードしてきた。ハイブリッドを世に広めたトヨタ、大手自動車メーカーとしてEVの大量生産に先鞭(せんべん)をつけた日産と三菱。国内市場におけるハイブリッド車の急伸に対応し、電動パワートレインの技術開発を加速させてきたホンダ。さらには、これら自動車メーカーとの資本関係を結ぶなど強固な関係を築いてきた日系電池メーカーの存在は大きい。

だが、EVを売る場として日本を見ると、たとえ充電インフラが整ったといっても、現行の内燃機関車からEVへの大きなシフトが起こるとは思えない。なぜならば、顧客にとってEVでなければならない必然性が見当たらないからだ。

こうした必然性のなさは、欧米や中国でも同じだ。いまのEVブームとは、あくまでも中国とアメリカの政策によるものであり、国内にZEV法のような強制力のある法律を持たない日本は、当面の間、世界の情勢を見守ることになる。

(文=桃田健史/編集=堀田剛資)
 

世界初となるEV専用設計の量産モデルとして2010年に発売された「日産リーフ」。間もなく2代目のモデルが登場する予定となっている。
世界初となるEV専用設計の量産モデルとして2010年に発売された「日産リーフ」。間もなく2代目のモデルが登場する予定となっている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事