EVに対する覚悟が必要……大谷達也

新しいリーフ、どうかって? いや、いいと思うよ。私はもともと電気自動車は好きだし、新型は航続距離がカタログ値で400kmなんでしょ? それに今度は運転支援機能も付いたから、長距離運転はきっと楽になったよね。

スタイリングも、これまでの独自の主張が強いデザインから日産らしさを前面に打ち出したものに変わって、あんまり気構えずに乗れるようになった感じがするよね。

でもさ、いくら便利になっても、電気自動車に乗るにはそれなりの覚悟が必要だと思うんだ。バッテリーの減り具合を日々確認して早めに充電するとか、遠出するときはあらかじめどこで充電するかチェックしておくとか、そういうことがちゃんとできないと不自由すると思うよ。あと、連休で出掛けたとき、高速道路の急速充電施設に長蛇の列ができていたりすると、イラッとするかもね。

ただね、そういうのって心の持ちようだと思うんだ。つまり、「電気自動車ってこういうものなんだから仕方ないじゃん」くらいの気持ちがあれば問題ないけど、ガソリン車と比べて「ここが不便、あれがイラつく」って思っていたら、せっかく新型リーフを買ってもすぐ手放しちゃうよね、きっと。

で、そう言うオオタニはどうなんだよ、だって? いま住んでいるところは集合住宅だから、現実的じゃないよ。クルマでの長距離出張も多いからね。だから、ガソリンでクルマを走らせるのが不自由な時代がやってきたら乗り換えますよ、電気自動車に……。

(文=高山正寛、小沢コージ、大谷達也<Little Wing>/編集=関 顕也)

新型「リーフ」には、アクセル、ブレーキ、ステアリング、パーキングブレーキまで制御する自動駐車システム「プロパイロット パーキング」が用意される。
新型「リーフ」には、アクセル、ブレーキ、ステアリング、パーキングブレーキまで制御する自動駐車システム「プロパイロット パーキング」が用意される。拡大
カラーバリエーションは、モノトーン8色と2トーン6種類の計14種類となっている。
カラーバリエーションは、モノトーン8色と2トーン6種類の計14種類となっている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
ホームへ戻る