6段階に分けられる自動運転のレベル

SAEの定義によると、自動運転はレベル0からレベル5までの6段階に分けられています。

【レベル0】
ドライバーがすべての運転操作を行います。事故があれば、もちろんドライバーの責任です。

【レベル1】
システムが、前後もしくは左右のどちらかの操作を行ってくれます。ここでも事故が起きないようにドライバーが注意深く見守る必要があります。実用化された技術で言えば、ACCやステアリングアシスト付きのレーンキープ機能などがこれにあたります。

【レベル2】
システムが前後と左右の両方の操作を行ってくれます。まだ事故を防ぐ責任はドライバーにあります。ステアリングアシスト付きのレーンキープとACCが同時に作動するもので、現状の最先端がここ。日産やスバル、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲンなどが実用化しています。

【レベル3】
「高速道路限定」など、一定の条件下でシステムがすべての運転を行います。システムが運転しているとき、ドライバーは監視も不必要。万一の事故の責任はシステムが負うことになります。ただし、システムがギブアップしたときは、ドライバーが運転に戻ります。アウディA8が新たに導入すると予告したのは、このレベルです。

【レベル4】
一定の条件下で、システムがすべての運転を行います。基本的にシステムがギブアップすることはありません。ドライバーが不必要であり、事故の責任もシステムが負います。

【レベル5】
どんな状況でも、すべてシステムが運転を行います。もちろん事故の責任はシステム。無人でも走行が可能です。

ここで話をもとに戻しましょう。アウディによるレベル3実用化のアナウンスがここまで注目されたのはなぜか? それは、レベル2からレベル3への進化が、相当に難しいと思われていたからです。
ポイントは事故の責任がどこにあるのか? という部分です。

レベル2相当の自動運転技術については、日産の「プロパイロット」やメルセデス・ベンツの「ドライブパイロット」などがそれに相当する。
レベル2相当の自動運転技術については、日産の「プロパイロット」やメルセデス・ベンツの「ドライブパイロット」などがそれに相当する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事