「伝統は革新の連続」を地で行くその歴史

近々正式発表される新型「レクサスLS」も6ライトを採用しているが、クラウンからもセダン然とした太いCピラーが失われた衝撃は、個人的には非常に大きい。見ようによっては、テールゲートを備えたリフトバック(かつてのトヨタのテールゲート付きモデルの呼称)に思えるところも、驚きを増幅させる。さすがにそれはないだろうが。

フロントグリルにある“RS”のエンブレムも気になる。クラウンの“RS”といえば、1955年に誕生した初代の初期型(スタンダード)の型式名だが、こちらのRSは“レーシング・スポーツ”あるいはその類いを意味するグレード名であろう。これまでクラウンには存在しなかった名称であり、かつてないほど走りに振ったモデルであろうことが推測される。

そんなクラウン コンセプトだが、「やっぱりクラウンなんだなあ」と思わせたのは、全幅を現行モデルと同じ1800mmに抑えていること。現行モデルの発表会で「日本国内での使用環境を考慮して……」という説明を聞いた覚えがあるのだが、その点はブレていないのである。

ちなみに現行クラウンといえば、デビュー時のキャッチフレーズは“Re Born”。広報資料には「クラウンはどの時代にも常に『革新』へと挑戦してきたクルマ」と記されていた。言われてみればたしかにそのとおりで、そもそも他社が外国メーカーと技術提携を結ぶなか、純国産にこだわったトヨタが独力で初代クラウンを開発したのは、その後の日本の自動車産業の方向性を左右するほどのチャレンジだったのだ。

その後、歴代のクラウンが先陣を切って採用した技術や開拓したマーケットも、実は少なくない。クラウンの歴史は、「伝統は革新の連続」という言い回しを地で行ったともいえるのだ。そう考えると、クラウン コンセプトの変身も決して驚くべきことではなく、クラウン本来の姿勢ではないかとも思えてくるのである。

1955年の誕生以来、積み重ねてきた伝統に加え、将来のモビリティー社会において求められる革新性を融合し、「走行性能の追求」と「コネクティッド技術の進化」の両輪で開発した次世代のクラウン、とうたわれたクラウン コンセプト。「TOYOTAが、世の中を変えるためにつくったクルマです。」という主張は、果たして世間に受け入れられるだろうか。

(文=沼田 亨/編集=藤沢 勝)

 

「クラウン コンセプト」のティザー画像。「TOYOTAが、世の中を変えるためにつくったクルマです。」と記されている。
「クラウン コンセプト」のティザー画像。「TOYOTAが、世の中を変えるためにつくったクルマです。」と記されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事