改進社、白揚社が自動車製造に挑戦

その後も続々と自動車の製造に挑む者が現れたが、いずれも苦戦を強いられる。日本には金属や電気機器、さらにはガラスやタイヤなどの基礎的な工業力が育っていなかったからだ。1911年になると、ようやく資本力の後ろ盾を得た自動車製造への動きが始まる。アメリカで機械工学を学んだ橋本増次郎が、東京・麻布に「快進社自動車工場」を設立したのだ。実業家の田健治郎、青山祿郎、竹内明太郎が経営に参加し、豊富な資金を得て開発を進めた。

快進社は、1914年の東京大正博覧会にV型2気筒エンジンを搭載する「脱兎号(DAT Car)」を出品する。DATとは、出資者3人のイニシャルを組み合わせた名称だ。快進社は「ダット自動車製造」に発展し、合併や改組の後に「日産自動車」となった。

これらの動きとは別に、乗用車の生産を目指していたのが豊川順彌である。三菱の創業者岩崎弥太郎のいとこである豊川良平の長男として生まれた彼は、幼い頃から陸軍工廠(こうしょう)や造船所を見て歩いたほどの機械好きだった。1912年、豊川は「白楊社」を設立して旋盤の製作などを始める。転機となったのは、1915年のアメリカ留学だった。機械工学を学ぶうちに自動車の魅力に取りつかれ、帰国して自動車製造を志した。

1921年、彼は2台の試作車「アレス号」を完成させる。1台は水冷1610ccエンジン、もう1台は空冷780ccエンジンを搭載していた。小型車には空冷のほうが向いていると考え、彼は空冷モデルを徹底的に研究してテストを重ねた。1924年には、東京から大阪まで40時間ノンストップの試験走行を成功させている。アレス号は、この年「オートモ号」と改名された。豊川家の祖先である大伴とオートモービルをかけたネーミングである。

快進社自動車工場が製造したDAT号。橋本増次郎が興した快進社は、経営不振やそれに伴う他社との合併、戸畑鋳物の傘下入りなどといった紆余曲折を経て、今日の日産自動車に至る。
快進社自動車工場が製造したDAT号。橋本増次郎が興した快進社は、経営不振やそれに伴う他社との合併、戸畑鋳物の傘下入りなどといった紆余曲折を経て、今日の日産自動車に至る。拡大
豊川順彌のオートモ号は、日本の国情に合った小型車として開発されたが、当時の日本市場を独占していたアメリカ勢には歯が立たず、300台ほどが生産されただけだった。
豊川順彌のオートモ号は、日本の国情に合った小型車として開発されたが、当時の日本市場を独占していたアメリカ勢には歯が立たず、300台ほどが生産されただけだった。拡大
オートモ号の大きな特徴である空冷エンジン。当時はまだ、世界的にも空冷エンジンはまれな存在だったが、豊川は「小型車のエンジンには空冷が最適である」という考えから採用に踏み切った。
オートモ号の大きな特徴である空冷エンジン。当時はまだ、世界的にも空冷エンジンはまれな存在だったが、豊川は「小型車のエンジンには空冷が最適である」という考えから採用に踏み切った。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事