しやなかで軽快な走り

試作車に投じられたもうひとつのスカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャーも、マツダならではのユニークな考え方に基づく新技術である。人間が持つ能力を最大限に発揮できるクルマを作るという“人間中心”の発想がベースにあり、人とクルマのコミュニケーションの密度をさらに高めて、「クルマで走っている」というのではなく、まるで「自分の足で走っている」かのような感覚が持てる、人馬一体の究極の姿を目指しているという。

具体的には、まずボディーモノコックは四輪対角剛性を高めるという視点から、上下左右方向だけでなく、前後方向にも骨格をつないで多方向に環状構造を配置した。これにより、フロントからリアへの入力の遅れ時間を30%短縮している。サスペンションについては、従来の「バネ上へ伝える力の大きさ(ピーク値)を低減する」という考え方から、「バネ上へ伝える力を時間軸で遅れなく滑らかにコントロールする」というものに改めているという。

こう説明すると、なにやら難しく聞こえてくると思うが、乗れば簡単、その違いは瞬時にわかる。まずボディーは従来にも増してガッチリ剛性が増し、足まわりは一段と滑らか、かつしなやかに動くようになった。これによって乗り心地がより上質な感触を備え、ひとクラス上の“厚み”のようなものが感じられるようになった。これはドライバーはもちろん、他の乗員からも歓迎される進化だろう。

面白いのは、スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャーでは、タイヤに対する考え方も改められている点だ。従来、タイヤというものは操縦安定性の向上を理由に上下バネを硬くしてきた。しかし、今回は逆に柔らかくして、タイヤが本来持つ振動の吸収や減衰の機能を生かしているのである。サイドウォールを指で押して柔らかいと感じるほどのタイヤにくら替えして、果たしてさらなる人馬一体がうたえるものだろうか? そう疑ってみたものの、操れば確かにそのフットワークは軽快かつ小気味よく、車両は思った方向に思っただけ向きを変える。そのポイントは例のGベクタリングコントロールである。これを活用して、操舵時には荷重移動を積極的に使い、タイヤの力を遅れなく発生させた結果だそうだ。

スカイアクティブXとスカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー、そして魁コンセプトが見せる進化した魂動デザイン。近未来のマツダは、ますます面白いことになりそうである。

(文=webCG 竹下元太郎/写真=マツダ、webCG)

従来は上下左右に環状構造を取り、モノコックの剛性を高めてきた。しかし今回は四輪対角剛性を高めるという視点から、前後方向にも骨格をつなぎ、多方向に環状構造を配置した。
従来は上下左右に環状構造を取り、モノコックの剛性を高めてきた。しかし今回は四輪対角剛性を高めるという視点から、前後方向にも骨格をつなぎ、多方向に環状構造を配置した。拡大
マツダの車両開発本部長、松本浩幸氏。
マツダの車両開発本部長、松本浩幸氏。拡大
多方向環状構造化により、対角方向へ遅れなく力を伝達することを目指している。フロントからリアへの入力の遅れ時間を30%短縮した。
多方向環状構造化により、対角方向へ遅れなく力を伝達することを目指している。フロントからリアへの入力の遅れ時間を30%短縮した。拡大
モノコックでは高歪エネルギー部位の特質に応じて、減衰節などの減衰構造を配置している。
モノコックでは高歪エネルギー部位の特質に応じて、減衰節などの減衰構造を配置している。拡大
力の流れを解析しながら、フロントダンパートップ、カウルサイド、リアドアの開口部、リアのダンパートップなどに、効果的に骨格を配置した。
力の流れを解析しながら、フロントダンパートップ、カウルサイド、リアドアの開口部、リアのダンパートップなどに、効果的に骨格を配置した。拡大
スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャーが採用された試験車は、ちょっとした路面の不整を超えたときにも、そのいなし方が上等だ。飛ばさなくても、ごく普通の常用速度域で、「あ、今のすごくいいな」と思う瞬間が多々あった。
スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャーが採用された試験車は、ちょっとした路面の不整を超えたときにも、そのいなし方が上等だ。飛ばさなくても、ごく普通の常用速度域で、「あ、今のすごくいいな」と思う瞬間が多々あった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)【試乗記】 2020.4.3 試乗記 スタイリッシュなマツダの新型SUV「CX-30」に、新世代ガソリンエンジン搭載モデルが登場。大きな期待を胸にステアリングを握った筆者だったが、その走りには、気になる点がないわけではなかった。
ホームへ戻る