第3回:実力チェック! ボルボのSENSUS

使い込むほどよくなじむ 2017.12.08 徹底検証! ボルボXC60 第2世代へとスイッチした、ボルボのプレミアムSUV「XC60」。新世代のプラットフォームや高効率なエンジンも注目されるが、今回はインフォテインメントシステムを含めたHMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の領域にフォーカスし、その使い勝手を確かめた。

ボルボの装備は一味違う

ナビゲーションやネットワークとの接続などを可能にするボルボのインテリジェントテクノロジー「SENSUS(センサス)」。新世代モデルの第1弾として、新型「XC90」から搭載され始めた最新のインフォテインメントシステムには、通信デバイスを介してインターネットに接続できる「SENSUS CONNECT」も含まれる。

XC60にはさらにアップデートされた仕様が搭載されていて、基本となる構成要素は以下の3つ。ドアを開けると目に飛び込んでくる9インチのセンターディスプレイ、4つの表示モードを切り替えることができる12.3インチのドライバーディスプレイ、そして速度やナビの誘導情報をフロントウィンドウに表示するヘッドアップディスプレイ。これらを連携させることで、ドライバーが必要とする情報を効率的に伝えることができる。またヘッドアップディスプレイによる視線移動の少なさは安全運転にも寄与する。

……と、ここまでは昨今のプレミアムカテゴリーで採用されつつあるシステムのようだが、XC60を含む新世代ボルボのSENSUSはひと味違う。

まずセンターディスプレイ。最大の特徴は“縦型”ということだ。テスラの17インチ、「トヨタ・プリウスPHV」(最近では標準の「プリウス」にも設定がある)の11.2型など、徐々にではあるが縦型ディスプレイはトレンドになりつつある。

では縦型のメリットは何か? やはり大きいのがカーナビの画面表示における「その先」の情報を取得しやすいことだ。もともとカーナビには自車より先を広く見せる「ヘディングアップ」と呼ばれる表示方法があるが、これまでのDINをはじめとする横型のナビ画面では進行方向の渋滞情報などを把握する場合、縮尺を広域側に切り替える必要があった。しかし縦型ディスプレイの場合、その頻度は少なくなる。縮尺を変更しなくても、より多くの情報を確認することができるのである。

今回テストした「XC60 T5 AWDインスクリプション」のインテリア。素材の上質さもさることながら、センターの大きなディスプレイが目を引く。
今回テストした「XC60 T5 AWDインスクリプション」のインテリア。素材の上質さもさることながら、センターの大きなディスプレイが目を引く。拡大
メーターパネルは全面液晶表示。中央には、各種車両情報のほか、カーナビのマップも表示できる。
メーターパネルは全面液晶表示。中央には、各種車両情報のほか、カーナビのマップも表示できる。拡大
縦型9インチのタッチ式センターディスプレイ。画面右下をタップすることで、表示面積の拡大/縮小ができる。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
縦型9インチのタッチ式センターディスプレイ。画面右下をタップすることで、表示面積の拡大/縮小ができる。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)拡大
車両の進行方向前方を大きく映し出せるのは、縦型ディスプレイのメリットのひとつだ。写真は、マップが立体的に見える「3D表示」にした状態。
車両の進行方向前方を大きく映し出せるのは、縦型ディスプレイのメリットのひとつだ。写真は、マップが立体的に見える「3D表示」にした状態。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.24 試乗記 新千歳空港を起点に、北海道を西へ東へとあてのない旅に出た『webCG』取材陣。ドライブのパートナーは、ディーゼルエンジンを搭載した「ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション」。1000km近いロングドライブの後に、リポーターは何を思う?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
ホームへ戻る