ラインナップを8車種に拡大

――ということは、デザイン面での変更が主たるもので、プラットフォームなどは現行のものを踏襲するのでしょうか?

エバライン:いいえ、完全に新規のものを導入します。

――え、現行型が登場してまだ5年なのに、プラットフォームを刷新すると。それはなぜなのでしょうか?

エバライン:それは時代によって求められているものが変わってきたということです。この新世代では派生モデルの数も8車種へと増えます。

――今後Aクラスをベースに8車種が登場すると。それは楽しみですね。ところで既存のものとは異なる、新しいモデルはあるのでしょうか。こっそり教えてくれませんか?

エバライン:それは言えませんよ(笑)。ただ、今年の前半に上海モーターショーで「コンセプトAセダン」を発表しているので、それを見てもらえばひとつの方向性はわかってもらえるかと思いますね。

――なるほど。あれはセダン需要の高い中国市場を見てのものだと思いますが、例えばCLAとのすみ分けはどのようになるのでしょうか?

エバライン:それも詳細は言えませんが(笑)、でも「Eクラス」と「CLS」の関係性と似たものだと考えてみてください。私は以前、ドイツ国内市場向けのEクラスとCLSのプロダクトマネジャーを務めていたのですが、両者は競合する部分もありながら、顧客からはそれぞれにきちんと支持されていました。

飛行機のエンジンをイメージしたというインストゥルメントパネルのエアコンの吹き出し口。センターに3つと左右に1つずつ、計5つが配置される。
飛行機のエンジンをイメージしたというインストゥルメントパネルのエアコンの吹き出し口。センターに3つと左右に1つずつ、計5つが配置される。拡大
インフォテインメントシステムの操作系も、現行モデルのダイヤル式からタッチパッド式へ変更。レザー張りの仕様も用意される。
インフォテインメントシステムの操作系も、現行モデルのダイヤル式からタッチパッド式へ変更。レザー張りの仕様も用意される。拡大
シートも3DのCADを使用して完全に新設計されており、上級グレードには空調機能やマッサージ機能も装備される。
シートも3DのCADを使用して完全に新設計されており、上級グレードには空調機能やマッサージ機能も装備される。拡大
メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • 新型「プジョー208」が日本上陸 ガソリンエンジン車とピュアEVを同時発売 2020.7.2 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年7月2日、プジョーのコンパクトハッチバック「208」の新型と、そのEVバージョンたる「e-208」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
ホームへ戻る