東京モーターショーよ、どこへ行く?

そして、もはや海外からのワールドプレミアものは全くなくなり、“スーパーカー”の各車やジャガー/ランドローバー、フィアット/ジープなど、日本でもそれなりにポピュラーなブランドまでブースを構えなくなったことに危機感を抱かざるを得なかったのが、今年の東京モーターショー。

次回2019年のショーは東京オリンピック/パラリンピック準備の影響を受け、会場である東京ビッグサイトのスペースをフルに使用することができなくなることから「複数会場での分散開催」と発表されたものの、実は今年のショーでも「会場スペースを埋めるのに苦労していた」感がアリアリだったのだから、もはやスペースの大小よりも”何を見せるか”の方が問題なはず。

海外ブランドのワールドプレミアの軸足は、もはや中国で開催される各ショーに移って久しく、東京ショーの生きる道は「海外の人々が『ぜひとも』と足を運んでみたくなる、日本独自の見せ物を満載したドメスティックショー」とする以外にはないように思う。

ということで、5位は「ノミネートのタイトルが『スイフト』シリーズではなく、『スイフトスポーツ』だったらばトップの10点を投じたのに」という日本カー・オブ・ザ・イヤー2017のハナシ。4位は完全に私事で、年明け早々に3便を乗り継いでケープタウンまで海外出張に出掛けるという際、「羽田に着いて飛行機が見えてから持参していないことに気づき、いったん自宅に取りに戻ってすんでのところで何とか間に合った」という、実は私的ニュースとしてはトップに置きたかったマヌケな話題……。

東京モーターショーの会場となっている東京ビッグサイト。次回の2019年は複数会場での分散開催となるようだが、どうなることやら……。
東京モーターショーの会場となっている東京ビッグサイト。次回の2019年は複数会場での分散開催となるようだが、どうなることやら……。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事