3ナンバー化もうわさされる「カローラ」

次に重要な車種は「カローラアクシオ/フィールダー」、そして「オーリス」です。クラウンとともに日本の国民車として長い歴史を持つカローラですが、こちらもTNGA化による基本性能の大幅な向上、さらにデザイン面でも“攻め”の姿勢が強調されるという情報があります。オーリスは欧州などでも販売され一定の人気を保っていますが、TNGA化によってカローラとの基本コンポーネンツの共有化が予想されます。グローバルモデルと一本化されることで、新型カローラはひょっとしたら3ナンバーになるのではないか、という情報があるわけです。ただ“日本の道を知っている”カローラが5ナンバーサイズに収まらないと、これまでのユーザー(年齢層が高い)からは不満が出るかもしれません。ちなみに今後、TNGA化されるニューモデルの先進安全装備はほぼすべて「Toyota Safety Sense P」、もしくはそれに準じた機能を持つことになります。現行車種に搭載されている「Toyota Safety Sense C」は現在の先進安全装備のスタンダードから考えると物足りない印象ですが、そこは構造的にも改良しきれなかったという現実があるようです。その点でもこれまで他社より少し劣って見えた先進安全装備も充実してくることは間違いないでしょう。

この他にもTMSに出展された「センチュリー」、そしてかねてよりうわさされている次期型「スープラ」は、早ければ秋にも日本に導入される可能性が高く大注目といえます。BMWの「Z4」とプラットフォームを共有するスープラですが、事前情報がこれほど少ないクルマも最近では珍しいです。また、小ネタとしてスープラという車名が使われない可能性があるという情報もあります。さてどうなりますやら・・・・・・。

次期型「トヨタ・スープラ」の姉妹車とされる、「BMW Z4」のデザインスタディー「コンセプトZ4」。
次期型「トヨタ・スープラ」の姉妹車とされる、「BMW Z4」のデザインスタディー「コンセプトZ4」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事