プライスタグにも歴史は宿る

まったりと風情たっぷりな下道ドライブを堪能すること30分、路肩でひと休憩しつつ、ついでにスペックシートでクルマの詳細をおさらい。ふむふむ、車両そのものは645万8400円ですか。思い切ったものですね、GMJも。

正直、「アメ車となると真っ先にコスパの話」という安直なリポートはあんまり好きではないのだが、それでもやはり、このクルマを語る上ではそれに触れないわけにはいかないでしょう。だって奥さん、650万円ですもの。絶対的には安くはないけど、他にこのお値段で買える“450ps”が日本にありまして?

“生粋のスポーツカーを除く”という、厳密な意味での「マッスルカー」という言葉の語源には諸説あるけど、その始まりが「ポンティアックGTO」に代表される1960年代のスペシャリティーカーだったことは間違いない。雑な説明で恐縮だが、安価なインターミディエイトやコンパクトのボディーに強力なエンジンを押し込んで、若者でも走りを楽しめるクルマに仕立てたのだ。その伝統は最新のカマロSSにもちゃんと受け継がれていて、コルベットのエンジンを積んでいながら、われらパンピーでも夢を見られる価格帯にどうにか踏みとどまっている。多くのメーカーが「パワー=プレミアム」という構図で利益を上げる中、「そうは言ってもウチはシボレーだし」と頑張っているのだ。クルマ好きを自負する御仁なら、ぜひこの価格設定にも歴史とロマンと心意気を感じてほしいものである。

まあ、だからこそ1000万円級のクルマにはかなわない部分もあるわけで、なかなかにかっこいいインテリアは総革張りとはいかないし、ADASもどちらかといえばシンプル。マーケ的には、オプションでもいいからACCは付けるべきだったと思う。……というのは、ギョーカイの末席を汚す者としての建前。本音を言うと「いるかよンなもん」だ。このブイハチとガスペダルさえありゃACCなんていらん。むしろMTをください。男は黙ってスティックシフト。

メーターはアナログ式の速度計とエンジン回転計に、フルカラーのインフォメーションディスプレイの組み合わせ。インフォテインメントシステムともども、細かいところまできっちり日本語対応しているところがうれしい。
メーターはアナログ式の速度計とエンジン回転計に、フルカラーのインフォメーションディスプレイの組み合わせ。インフォテインメントシステムともども、細かいところまできっちり日本語対応しているところがうれしい。拡大
“走り”のクルマらしく、メーターまわりはギミック満載。表示デザインが変えられることはもちろん、Gセンサーやラップタイマーなどの機能も用意されている。
“走り”のクルマらしく、メーターまわりはギミック満載。表示デザインが変えられることはもちろん、Gセンサーやラップタイマーなどの機能も用意されている。拡大
本文では「1000万のクルマにはかなわないけど……」と書いたが、レザーシートにメモリー機能付きの電動調整機構、ドライブモードセレクター、タッチスクリーン式のインフォテインメントシステムと、楽しいドライブに必要な装備は一通りそろっている印象。これ以上フクザツな何かが付いていたとしても、記者の手には余ります。
本文では「1000万のクルマにはかなわないけど……」と書いたが、レザーシートにメモリー機能付きの電動調整機構、ドライブモードセレクター、タッチスクリーン式のインフォテインメントシステムと、楽しいドライブに必要な装備は一通りそろっている印象。これ以上フクザツな何かが付いていたとしても、記者の手には余ります。拡大
東京・台場の街中を行く「カマロSS」。かつて辻 仁成は名曲「ZOO」において「愛をください」と歌ったわけだが、記者は今回の取材で「MTをください」と思った。(写真=webCG佐久間)
東京・台場の街中を行く「カマロSS」。かつて辻 仁成は名曲「ZOO」において「愛をください」と歌ったわけだが、記者は今回の取材で「MTをください」と思った。(写真=webCG佐久間)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロSS(FR/10AT)【試乗記】 2019.4.8 試乗記 最新の10段ATや“ラインロック”機能付きのローンチコントロールなど、さまざまな新機軸が取り入れられた2019年モデルの「シボレー・カマロSS」。パワフルな6.2リッターV8 OHVを積んだ現代のマッスルカーは、どのような進化を遂げたのか?
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
ホームへ戻る