5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場

2018.02.02 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」
「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220d Marco Polo HORIZON(マルコ・ポーロ ホライゾン)」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。

 
5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場の画像拡大
 
5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場の画像拡大
 
5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場の画像拡大
 
5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場の画像拡大

今回追加されたV220dマルコ・ポーロ ホライゾンは、就寝スペースとして使えるポップアップルーフやフルフラット機能付きベンチシート、前席の回転機構などを備えた、アウトドアユースでの利便性を高めたミニバンである。

専用装備となるポップアップルーフには、2人まで使用可能なベッドに加えて、リーディングライトも備わる。

3列目シートにはフルフラット機構を採用。このスペースには最大3人が就寝可能で、さらにシート下には収納スペースも確保される。

運転席と助手席は、後方に向きを変えられ、2列目シートと対面させることができる。

このほか、アダプティブクルーズコントロール機能の「ディストロニックプラス」や車線逸脱警告機能「レーンキーピングアシスト」などからなる運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」や、走行中の横風に対して、車両片側のブレーキを制御することで運転をサポートする「クロスウインドアシスト」なども装備する。

価格は846万円。なお、メルセデス・ベンツ日本は、千葉県の幕張メッセで行われる日本最大規模のキャンピングカーの展示会「ジャパンキャンピングカーショー2018」(会期:2018年2月2日~4日)にブースを出展し、「V220dマルコ・ポーロ ホライゾン」を展示する。

(webCG)

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)/V220dアバンギャルド エクストラロング(FR/7AT)【レビュー】 2016.2.5 試乗記 メルセデスの3列シートミニバン「Vクラス」がフルモデルチェンジ。キャビンとラゲッジルームの使い勝手や、2.1リッター直4ディーゼルエンジンがかなえる走りなど、本国から2年遅れで日本に導入された新型の実力を、さまざまな角度から確かめた。
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.26 試乗記 “アンフォロー”をテーマに、ブランドの既存のルールにとらわれない独特な立ち位置でデビューした「BMW X2」。しかし、いくら“鬼っ子”として振る舞っても、出自はなかなか隠せないもの。試乗を通じて感じたのは、あのクルマとの強い類似性だった。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.9.13 試乗記 欧州製4ドアクーペの元祖、「メルセデス・ベンツCLS」が3代目にモデルチェンジ。“新世代メルセデスデザイン”の嚆矢(こうし)として語られることの多い新型CLSだが、実車に触れてみると、ほかにも多くの特筆すべきポイントが見受けられたのだった。
ホームへ戻る