リチウムバッテリー搭載キャンパーが登場

日産もトヨタ同様に、バンである「NV350キャラバン」が主役だ。すでに投入済みである板張りのフラットフロア仕様の「トランスポーター」に加え、8kWhのリチウムイオンバッテリーシステムを搭載した「NV350キャラバン リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー」を参考出品した。これは、「日産リーフ」で培ったEV技術を活用したもので、車内の空調や照明などに必要な3日分の電気を供給できるという。ちなみに充電は、コスト面から外部の100V電源からのみとし、満充電まで要する時間は6時間ほど。日産は、この給電システムを搭載したキャラバンをベース車としてキャンピングカービルダー向けに今秋より供給予定。価格は未定だが、宿泊中の電気やヒーターなどのエネルギー源の心配がいらなくなるのは大きなメリットといえる。成否は価格次第ではないだろうか。

ホンダアクセスは、キャンピングカービルダーのホワイトハウスとのコラボレーションにより、愛犬家向け仕様のキャンピングカー「フリード+DOG LOVER」を出展。キャンピングカー仕様の「フリード+」に、外部収納や飛び出し防止ネット、ビルトインウオーターサーバーなどの、愛犬との移動や旅行に便利なホンダアクセス製用品を装着したものだ。用品開発は、ホンダアクセスの愛犬家たちを中心に行われたというだけに、愛犬家のニーズをがっちり押さえた仕様となっている。まずは20台を限定販売するというが、キャンピングカーの購入者には愛犬との移動を目的とする人も多いので、注目されそうだ。

「日産NV350キャラバン リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー」(参考出品車)
「日産NV350キャラバン リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー」(参考出品車)拡大
運転席/助手席の背後に8kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。出先でエアコンや電子レンジ、テレビなどの電化製品が使用できるのが売り。
運転席/助手席の背後に8kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。出先でエアコンや電子レンジ、テレビなどの電化製品が使用できるのが売り。拡大
20台限定の「フリード+DOG LOVER」。車両価格はガソリン車(10台)が389万0160円、ハイブリッド車(10台)が426万6600円。
20台限定の「フリード+DOG LOVER」。車両価格はガソリン車(10台)が389万0160円、ハイブリッド車(10台)が426万6600円。拡大
「ルノー・カングー」にポップアップルーフを架装した、ホワイトハウスの「カングー ポップ マルチソファーベッド」。
「ルノー・カングー」にポップアップルーフを架装した、ホワイトハウスの「カングー ポップ マルチソファーベッド」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事