早くも成約したユーザーも登場
「フォルクスワーゲン・パサートTDI」発売記念イベントをリポート

2018.02.14 From Our Staff
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン」
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2018年2月14日、「パサートTDI」および「パサートヴァリアントTDI」の発売記念イベントを行った。

「TDI」などのバッジは装着されず、外観からディーゼルモデルと判断することは難しい。
「TDI」などのバッジは装着されず、外観からディーゼルモデルと判断することは難しい。拡大
あいさつに立ったフォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長。「今回のパサートを皮切りに……」と、別の車種でもディーゼル車を導入する予定があることを示唆した。
あいさつに立ったフォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長。「今回のパサートを皮切りに……」と、別の車種でもディーゼル車を導入する予定があることを示唆した。拡大
島津さんご夫妻には、「パサートヴァリアント」のミニカーと花束が贈呈された。
島津さんご夫妻には、「パサートヴァリアント」のミニカーと花束が贈呈された。拡大
 
早くも成約したユーザーも登場「フォルクスワーゲン・パサートTDI」発売記念イベントをリポートの画像拡大

今度は10万km走るから

会場となったのは東京都港区の虎ノ門ヒルズ。2階のオーバル広場には、この日に発売されたばかりの「パサートヴァリアントTDIハイライン」が展示されていた。

まずあいさつに立ったのはVGJのティル・シェア代表取締役社長。日本では1977年から1998年にかけて「ゴルフ」「ジェッタ」、そしてパサートなどのディーゼルモデルを計5万台以上販売したことなどを説明するとともに、20年ぶりにディーゼルモデルを販売できることに対する喜びを語った。

続いてステージには、なにやら見慣れぬご夫妻の姿が。スタッフからは「島津さま」と呼ばれている。聞けばお2人は、すでに「パサートヴァリアントTDIハイライン」を購入したお客さまなのだ。

東京都中野区にお住まいの島津さんは、パサートを2台乗り継いでいる熱心なユーザー。奥さまが旅行好きとのことで、2年前に購入した1.4リッターターボモデルの現行型では北海道や九州にも出かけており、すでにオドメーターの数字は4万kmを超えている。

今回、パサートヴァリアントTDIの購入にいたった決め手は、ずばりエンジンだ。ディーゼルならではの力強い加速とランニングコストの低さから、パサートの魅力をさらに引き出せるのではないかと考えているという。

2年、4万kmでのリプレイスは、一般的にみるとかなり早い買い替えサイクルのように思えるが、「今度は10万km走るから」という奥さまへの猛アピールが実を結んだのだとか。たくさん旅行に行かないと、なかなか10万kmは走れませんね。

(webCG 藤沢)

関連キーワード:
パサート, パサートヴァリアント, フォルクスワーゲン,

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・パサートTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2015.8.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」が8代目にモデルチェンジ。セダンの「TSI Rライン」を借り出し、新プラットフォームと1.4リッター直噴ターボエンジンがかなえる走りや、内外装の質感、運転支援システムの出来栄えなど、その実力を多角的にチェックした。
  • 第2回 「フォルクスワーゲン・パサート」に乗るということ 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 「フォルクスワーゲン・パサート」と過ごすカーライフとは、どのようなものなのか。新たにラインナップされた「TSIエレガンスライン」と、装備の充実が図られた「TSIハイライン」に試乗して考えた。
  • ボルボV60クロスカントリー 2018.9.26 画像・写真 本格ワゴンに高い悪路走破性能をプラスした新型「ボルボV60クロスカントリー」が登場。「V60」より最低地上高は75mm高められており、標準で4WDシステムやヒルディセントコントロールなどが採用されている。新しい万能ワゴンの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る