日焼けの次は高齢ドライバー問題を

メディア的観点からすれば「いつまでも運転するおじいちゃん」がほのぼのした話題として伝えられるのは、高齢での運転を「悪」と決めつけず、さまざまな視点からものごとを見ている健全な状態といえよう。

しかし社会的な観点からすれば、各種の身体的能力が低下した高齢者の運転と、それによる悲惨な事故を減らすべく、より統計学的・科学的な見方で採り上げられるべきなのだ。

イタリアで高齢ドライバーの問題が主要メディアで大きく採り上げられるようになるまで、あとどのくらいの月日を要するのか。

この国では、「日焼け」は長年にわたり視覚的メリットが優先されていて、その弊害について積極的にテレビで扱われるようになったのはここ2、3年のことだ。

高齢ドライバーについても、もっとマスコミで論じてほしい。昔のドラテク(死語)を披露してやる! と言わんばかりに車間距離を詰めて走るおじいちゃんをバックミラー越しに眺めながら、そう願う筆者である。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=関 顕也)

元電力公社社員ルチアーノさんと初代「フィアット・パンダ」。
元電力公社社員ルチアーノさんと初代「フィアット・パンダ」。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事