ハスクバーナ、日本に導入する3モデルをメディア向けに公開

2018.03.14 自動車ニュース
「ハスクバーナ・ヴィットピレン701」
「ハスクバーナ・ヴィットピレン701」拡大

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは2018年3月13日、日本市場に導入する最新モデル3台をメディア向けに公開した。

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン代表のブラッドリー・ヘイギ氏。
ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン代表のブラッドリー・ヘイギ氏。拡大
「ヴィットピレン701」
「ヴィットピレン701」拡大
「ヴィットピレン401」
「ヴィットピレン401」拡大
「スヴァルトピレン401」
「スヴァルトピレン401」拡大

ハスクバーナ・モーターサイクルズはスウェーデン発祥の二輪メーカーで、1903年に初のモデルを製作。戦後は著名なオフロードモデルを数多く輩出し、モータースポーツでも活躍を見せてきた。現在はオーストリアのKTM傘下のブランドとなっている。

今回披露された「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」は、いずれも2017年のEICMA(ミラノショー)で市販モデルが世界初公開されており、2018年2月には日本導入がアナウンスされていた。

車名のヴィットピレン(VITPILEN)、スヴァルトピレン(SVARTPILEN)は、それぞれ「白い矢」「黒い矢」を意味するスウェーデン語で、いずれも「Simple Progressive」というハスクバーナのブランドテーマを体現した、先進的でありながら無駄をそぎ落としたスタイリングに仕上げられている。

価格や発売時期などについては既報のとおり、ヴィットピレン701が135万5000円で2018年7月に、ヴィットピレン401とスヴァルトピレン401が77万7000円で同年4月に発売される予定となっている。

(webCG)

ハスクバーナ新型3モデルの詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
ヴィットピレン401, ヴィットピレン701, スヴァルトピレン401, ハスクバーナ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ハスクバーナ新型3モデル メディア披露会の会場から 2018.3.14 画像・写真 いよいよ日本導入が秒読み段階となった、北欧のバイクメーカー、ハスクバーナの最新モデル「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」の姿を、メディアローンチの会場より、写真で紹介する。
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン401(MR/6MT)【レビュー】 2019.3.9 試乗記 魅力はデザインだけじゃない。ハスクバーナのユニークなスクランブラー「スヴァルトピレン401」は、スムーズかつ鋭い吹け上がりのシングルエンジンと、ちょっとクセのあるライドフィールにより、「操る楽しさ」を求めるライダーにうってつけの一台となっていた。
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン401(MR/6MT)【レビュー】 2018.7.24 試乗記 スウェーデンのバイクブランド、ハスクバーナから、待望のロードモデル「ヴィットピレン401」がデビュー。他のどんなバイクにも似ていない北欧の“白い矢(VITPILEN)”は、欠点を探すのが難しいほどに完成度の高い一台に仕上がっていた。
  • ファンティック・キャバレロ フラットトラック125(MR/6MT)【レビュー】 2019.7.13 試乗記 このほど日本でも取り扱いが開始されたイタリアのバイクメーカー、ファンティック。オフロードを得意とする同社のラインナップの中から、ダートトラックレースの競技車両をモチーフにしたという「フラットトラック125」に試乗。その出来栄えを確かめた。
  • ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド(MR/6MT)【レビュー】 2019.6.28 試乗記 単なる“おしゃれなネオクラシック”と思ったら大間違い。「ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド」は、ストリートでも林道でも存分に走りが楽しめる、極めてハイレベルな“万能選手”に仕上がっていた。
ホームへ戻る