トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)

2018.06.07 谷口信輝の新車試乗 「それにしても良くなってる」と、レーシングドライバー谷口信輝も驚く新型「トヨタ・アルファード」。後編では主に、「エグゼクティブラウンジ」のセリングポイントであるインテリアについて、谷口の印象をお伝えする。

心地よすぎる2列目シート

マイナーチェンジを受けて動的質感がぐんと向上した新型アルファード。後編では、インテリアを中心とするアルファードの魅力を谷口信輝に語ってもらおう。

最初に試してもらったのは2列目シートの掛け心地。アルファードにとって、これは最も重要な性能のひとつといえる。エグゼクティブラウンジの豪華なシートに身を沈めた谷口。そのあまりの心地よさに、思わずこんな言葉が飛び出した。

「うわー、いいな、これ! 最高ですね。Sさん(毎回取材に同行するwebCGスタッフの名前)、今度はこのクルマでウチに迎えにきてよ! この2列目シートに乗って、箱根までこれたら楽だろうなあ(笑)」

試乗車のグレード名であるエグゼクティブラウンジの由来ともなったエグゼクティブラウンジシートは、ロングシートスライドで広々としたレッグスペースが確保できる上、電動式オットマンには伸縮機構も備わっているので、さまざまな体形の乗員がくつろぐことができる。もっとも、この連載企画で谷口がオットマンを快適に使えたことはこれまでなかった。脚の長い谷口が使うと、オットマンの先端部分がふくらはぎの中ほどを強く圧迫する格好となり、落ち着かないばかりか痛くて仕方なかったのである。

ところがエグゼティティブラウンジのオットマンは前述のとおり伸縮機構つき。つまり、オットマンをつま先のほうまで長く伸ばすことによって、脚の長い谷口でもふくらはぎ全体をそっと支え、オットマン本来の快適性を享受できたのである。

「おー、これはいい! 初めてですね、僕がオットマンを使えたのは。やべー、またアルファード買っちゃいそうだ」

 
トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)の画像拡大
 
トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)の画像拡大
 
トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)の画像拡大
 
トヨタ・アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード 2015.1.26 画像・写真 「トヨタ・アルファード」がフルモデルチェンジ。新型の姿を写真で紹介する。
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る