「伝説の男」を国際編成で描く

いっぽうイタリアでは、ランボルギーニの創始者フェルッチョ・ランボルギーニ(1916-1993)の生涯を描いたアメリカ映画の撮影が2018年春に開始された。

タイトルは仮題で『ランボルギーニ - ザ・レジェンド』と付けられている。公開は2019年の予定だ。

監督は2004年『クラッシュ』でプロデューサーを務めた米国人ボビー・モレスコが務める。

第2次大戦中に軍用車を扱った経験をもとに、まさに裸一貫でトラクター製造を始めたフェルッチョが、やがてスーパースポーツカーづくりに挑戦する姿を綴(つづ)る。同時に、工場従業員との交流、彼を取り巻くさまざまな女性たちとのライフスタイルも描くようだ。

フェルッチョ役は、青年時代を1993年生まれのロマーノ・レッジャーニが、それ以降をスペイン人俳優アントニオ・バンデラスが演じる。現実のフェルッチョがスーパーカー立ち上げ時代に熱いバトルを繰り広げたエンツォ・フェラーリ役には、米国人俳優アレック・ボールドウィンが起用されている。また、フェルッチョがギリシアの戦地で出会ったイタリア娘クレリア・モンティ役は、ハンナ・ファンデア・ヴェストヒュイセンが務める。

第2次大戦後、ランボルギーニの第一歩となったトラクター「カリオカ」。
第2次大戦後、ランボルギーニの第一歩となったトラクター「カリオカ」。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事