トヨタが「シエンタ」をマイナーチェンジ 2列シート車を新設定

2018.09.11 自動車ニュース
「トヨタ・シエンタ ファンベースG」
「トヨタ・シエンタ ファンベースG」拡大

トヨタ自動車は、コンパクトミニバン「シエンタ」をマイナーチェンジし、2018年9月11日に販売開始した。現行モデルの登場から丸3年が経過した今回の変更では、従来の3列シート車に加え新たに2列シート車を設定するとともに、安全性能を強化した。

「シエンタGクエロ」(ハイブリッド車)
「シエンタGクエロ」(ハイブリッド車)拡大
「シエンタ ファンベースG」のインストゥルメントパネルまわり。
「シエンタ ファンベースG」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「シエンタ ファンベースG」のインテリア。
「シエンタ ファンベースG」のインテリア。拡大
2列シート車の荷室には大型デッキアンダートレイも備わる。
2列シート車の荷室には大型デッキアンダートレイも備わる。拡大
「シエンタ ファンベースG」
「シエンタ ファンベースG」拡大

フレックストーンは廃止

今回実施されたマイナーチェンジでは、フロントバンパーやグリル、ヘッドライト、リアコンビネーションライト、ホイールキャップなど、エクステリアの各所に新デザインを採用した。このバンパーデザインの変更などにより、ボディー全長がこれまでの4235mmから、4260mmに延長している。ボディーカラーは、モノトーンを全10色に拡大し、新たにルーフとボディーで異なるカラーを組み合わせたツートンを全6種ラインナップ。個性的なカラーリングがセリングポイントだったフレックストーンは廃止された。

インテリアでは、従来設定のあった3列シートに加え、新たに2列シートをラインナップ。2列目シートのバックレストを倒せば最大荷室長2065mmのフラットな荷室が出現する。このスペースには26インチのマウンテンバイクが2台搭載可能で、最近流行している車中泊などにも便利に活用できそうだ。さらに荷室左右にはユーティリティーホールが9個ずつ用意されており、販売店オプションのフックやシステムバーと組み合わせることで、さまざまな使い方ができる。

また、日中の歩行者検知機能を追加した「Toyota Safety Sense」を「Gクエロ」や「G」、2列シート車の「ファンベースG」などに標準装備したほか、障害物を検知し自動でブレーキをかけるインテリジェントクリアランスソナーをGクエロに標準装備。真上から見たような車両周囲の映像を、ナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニターを全車にオプション設定するなど、安全装備の充実も今回のマイナーチェンジのポイントとなった。

このほかにも、ハイブリッド車については燃費を改善。JC08モード計測値は、従来モデルの27.2km/リッターから28.8km/リッターに向上している。

価格は、2列シート車の「ファンベース」が177万6600円~234万0360円、3列シート車が181万6560円~253万2600円。

(webCG)

関連キーワード:
シエンタ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ シエンタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
ホームへ戻る