クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデスAMG G63(4WD/9AT)

過剰だからこそ面白い 2018.09.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。

(以前よりは)まっとうなクルマになった

登場から40年を経て刷新された新型「Gクラス」の最大の特徴は、フロントサスの独立懸架化を筆頭としたシャシーの全面刷新にある。それをもって、悪路走破性を損ねることなくオンロードでの操縦性が劇的に改善された。このフルモデルチェンジによって、がぜん存在価値が高まったのがAMGのモデルだ。

Gクラスの、いわゆるライフスタイル商品としての側面がクローズアップされた2000年代以降、多加飾高額なAMGモデルは富裕層の皆さんに好んで選ばれてきたわけだが、クルマ屋的な視点でみればそれは、持てる大パワーを使いこなせず持て余す、かなりいびつな存在だった。高速道路でぶっ飛んでくる豆腐のような姿をみるたび、「よくそんなので踏めるなぁ」と心配になるほどのそれを、だから僕は他人にはまったく薦めなかった。

が、今回のシャシーの刷新によって、Gクラスは500ps級のパフォーマンスを受け止める素地(そじ)が整った。そもそも「GクラスでAMGってそれ一体誰得なわけ?」と言われれば元も子もないが、日本だけではない先代AMGモデルの世界的な売れっぷり(特にアメリカ)をみていれば確実にそれを求める物好き……もとい好事家もいらっしゃるわけで、そういう方々に乗っていただくものとして望まれることはすべて盛り込まれたともいえるわけである。

「メルセデスAMG G63」のインストゥルメントパネルまわり。カーボンの装飾パネルはオプションで、通常は光沢のある「designoピアノラッカーウッド」が用いられる。
「メルセデスAMG G63」のインストゥルメントパネルまわり。カーボンの装飾パネルはオプションで、通常は光沢のある「designoピアノラッカーウッド」が用いられる。拡大
今回の新型より「Gクラス」のフロントサスペンションは独立懸架(ダブルウイッシュボーン式)となった。
今回の新型より「Gクラス」のフロントサスペンションは独立懸架(ダブルウイッシュボーン式)となった。拡大
テスト車に用いられていたボディーカラー「designoマグノプラチナムマット」は、世界初のAMG専売店「AMG東京世田谷」でしか注文できない専用色である。
テスト車に用いられていたボディーカラー「designoマグノプラチナムマット」は、世界初のAMG専売店「AMG東京世田谷」でしか注文できない専用色である。拡大

ガソリンタンクはまさかの100リッター

新型G63のディメンションは標準系に対して全長が56mm長い4873mm、全幅が53mm広い1984mm、全高が3mm低い1966mmとなっている。Gクラスのサスはデュラビリティー(耐久性)を重視してすべてコイル&ダンパーの組み合わせとなっているから、この車高差はストローク違いというわけではなく、専用設定のサスとタイヤサイズからなる微妙な差異にすぎないと考えていいだろう。2890mmのホイールベースは悪路でのアングル確保やデザインの面から設定されたものと思われる。余談だが、「トヨタ・ランドクルーザー」のホイールベースは「80系」以降、30年近くにわたって2850mmのままだ。悪路走行を本気で考えているクルマにとって、その数字がいかに繊細なものであるかが伝わってくる。

搭載されるエンジンは4リッターV8のバンク間に2つのタービンを並列配置する“ホットVレイアウト”の「M177」型。最高出力は585ps、最大トルクは850Nmと、その額面に“泥グルマ”に積まれるものとしてのつつましさはみじんもない。ちなみに同じ4リッターV8ツインターボの「M176」型を搭載する標準系の「G550」と比べると、G63のパワーは163ps、トルクは240Nm大きい。この差分だけで軽自動車が3台くらいは動かせそうだ。燃費が悪くなるのは百も承知とみえて、G63の燃料タンクは標準系の75リッターに対して100リッターの容量を確保している。このエンジンに組み合わせられるトランスミッションは9段AT。トリプルデフロックを備えたトランスファーなどの装備は標準車と変わりなく、駆動配分も同じく40:60のフルタイム式だ。

巨大なエアインレットが目を引く専用バンパーや、大きく張り出したオーバーフェンダー等により、「G63」の外寸は通常の「Gクラス」より全長、全幅が拡大している。
巨大なエアインレットが目を引く専用バンパーや、大きく張り出したオーバーフェンダー等により、「G63」の外寸は通常の「Gクラス」より全長、全幅が拡大している。拡大
テスト車に装備されていた「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」のナッパレザーシート。同オプションには、写真のクラシックレッドとブラックのツートンカラーも含め、4種類の内装色が用意されている。
テスト車に装備されていた「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」のナッパレザーシート。同オプションには、写真のクラシックレッドとブラックのツートンカラーも含め、4種類の内装色が用意されている。拡大
最高出力585ps、最大トルク850Nmを発生する「M177」型4リッターV8ツインターボエンジン。従来モデルより大幅なダウンサイジングを実現しながら、14psの出力向上と90Nmのトルクアップを果たしている。
最高出力585ps、最大トルク850Nmを発生する「M177」型4リッターV8ツインターボエンジン。従来モデルより大幅なダウンサイジングを実現しながら、14psの出力向上と90Nmのトルクアップを果たしている。拡大

劇的な進化を遂げたオンロードでのマナー

高性能エンジンの目覚めとしてはいささかデリカシーに欠けるブーブークッションのような始動音は、アメリカのユーザーに好まれるものとして「M156」系自然吸気エンジンの時代からAMGが意図的に聴かせているもの。しかしその音量はやや絞られたように感じられる。車内にいればその差はさらに明らかだ。これを望ましい変化とする日本のユーザーは多いのではないだろうか。

最大トルクの発生回転域は今日びのエンジンとしては比較的高い2500rpmになるものの、それ以下でも有り余るトルクを発していることもあって、G63の街中でのマナーは音の印象とは裏腹にかなり紳士的だ。9段ATのワイドなギアレシオを生かして、低回転域をうまく使いながら加減速を滑らかにこなす。先代を知るオーナーであれば曲がり角のたびに、操舵が劇的に楽になったことに驚くだろう。大径ブレーキのチューニングもこの期に及んでもオフロードを意識してかストロークでじわっとゲインが立ち上がるようにしつけてあり、制動Gのコントロールもやさしい。

マフラーは左右サイド出し。エキゾーストフラップによって排気音の切り替えが可能な「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」が装備されている。
マフラーは左右サイド出し。エキゾーストフラップによって排気音の切り替えが可能な「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」が装備されている。拡大
タイヤサイズは標準車よりやや低偏平な275/50R20。制動装置には、赤いキャリパーが目を引くAMG強化ブレーキシステムが装備される。
タイヤサイズは標準車よりやや低偏平な275/50R20。制動装置には、赤いキャリパーが目を引くAMG強化ブレーキシステムが装備される。拡大
足まわりには、コーナリング時のレスポンスの良さや正確さ、高速走行時の安定性を重視した「G63」専用開発の電子制御ダンピングシステムが採用されている。
足まわりには、コーナリング時のレスポンスの良さや正確さ、高速走行時の安定性を重視した「G63」専用開発の電子制御ダンピングシステムが採用されている。拡大

こういうクルマがあってもいい

そして速度を高めるほどに際立ってくるのは乗り心地の良さと直進安定性の高さだ。先述の通りリアアクスルはリジッドのままだが、路面のうねりに対しての横揺れ感もうまく抑えられており、柔軟性が高まったフロントサスとのバランスもきれいにとれている。それはコーナリング時もしかりで、高重心な車体のロールを不自然に封じることなく自然で定常的な推移となるようチューニングしているため、ロール量にさえ慣れてしまえば自信をもって運転に臨めるだろう。この成り立ちに極太タイヤゆえ、わだちに対しては絶望的に弱そうだが、これが全く気にならないのはまさに独立懸架サスの美点だ。

G63とG550との価格差は500万円を切るくらいと、性能差に対する値付けとしてはさほど違和感はない。が、Gクラスというクルマのありさまに対しては明らかに過剰で、あってもなくても困らないと言われればそれまでのグレードでもある。

が、1日限定のにわかオーナーは、笑いながらアクセルを踏んづけては、その爆発力を何度も堪能してしまった。こんなナリをしたクルマが脱兎(だっと)のごとく山道を駆け抜ける、その意味のなさというかバカバカしさというかがクセになるという感覚を、心からは憎めない。自滅への道まっしぐらでヤケ飲みしている人に居酒屋で出会うと、そういう時ってあるよね……と心の中で同調してしまうその気持ちというのだろうか。人の道さえ外れていなければ、世の中的な本筋を個人のエゴが超えることがあってもなんとか許していただける。それが平和な資本主義だよなとあらためて思わせてくれる一台なのかもしれない。

(文=渡辺敏史/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

2.5tを超える車重の持ち主でありながら、「G63」は0-100km/h加速が4.5秒、最高速が240km/hという動力性能を実現している(欧州仕様の数値)。
2.5tを超える車重の持ち主でありながら、「G63」は0-100km/h加速が4.5秒、最高速が240km/hという動力性能を実現している(欧州仕様の数値)。拡大
走行モードには「Comfort」「Sport」「Sport+」、各制御の個別調整が可能な「Individual」に加え、滑りやすい路面での走行に適した「Slippery」も用意されている。
走行モードには「Comfort」「Sport」「Sport+」、各制御の個別調整が可能な「Individual」に加え、滑りやすい路面での走行に適した「Slippery」も用意されている。拡大
オンロードでの動力性能を追求した「G63」だが、そこは「Gクラス」。悪路での走破性を高める、3つのデフロックやローレンジなどの装備は残されている。
オンロードでの動力性能を追求した「G63」だが、そこは「Gクラス」。悪路での走破性を高める、3つのデフロックやローレンジなどの装備は残されている。拡大
「G63」の燃費は欧州複合モードで13.1リッター/100km(約7.6km/リッター)。今回の試乗では353.0kmの距離を走り、燃費は満タン法で5.2km/リッターとなった。
「G63」の燃費は欧州複合モードで13.1リッター/100km(約7.6km/リッター)。今回の試乗では353.0kmの距離を走り、燃費は満タン法で5.2km/リッターとなった。拡大

テスト車のデータ

メルセデスAMG G63

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4873×1984×1966mm
ホイールベース:2890mm
車重:2560kg
駆動方式:4WD
エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ
トランスミッション:9段AT
最高出力:585ps(430kW)/6000 rpm
最大トルク:850Nm(86.7kgm)/2500-3500 rpm
タイヤ:(前)275/50R20 113W/(後)275/50R20 113W(ピレリ・スコーピオンゼロ アシンメトリコ)
燃費:13.1リッター/100km(約7.6km/リッター、欧州複合モード)
価格:2035万円/テスト車=2161万円
オプション装備:ボディーカラー<designoマグノプラチナムマット[AMG世田谷専用色]>(0円)/AMGレザーエクスクルーシブパッケージ(78万円)/AMGカーボンファイバーインテリアトリム(48万円)
※数値は欧州仕様参考値。

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:4356km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4)/高速道路(6)/山岳路(0)
テスト距離:353.0km
使用燃料:67.9リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:5.2km/リッター(満タン法)/4.9km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデスAMG G63
メルセデスAMG G63拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。