クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)

帰ってきた正統派 2018.09.27 試乗記 ミドルサイズのボルボエステート「V60」が初のフルモデルチェンジ。見た目のイメージを大きく変えた新型は、ダイナミックな走りと優れた実用性が体感できる、実力派のスポーツワゴンに仕上がっていた。

実質「V70」の後継車

新型V60試乗会が開かれたキャンプ場には、なつかしい歴代ボルボエステートが並べられていた。1970年代の「240」、その後継モデル「940」、そしてFFプラットフォームに切り替わった「850」の「R」。かつて240エステートを10年以上使っていたというKカメラマンは、テールゲートを開ける感触を久々に味わい、涙目になっていた。

新しいV60は、8年続いた従来モデルの新型(あたりまえ)であり、見てのとおり、ひと足先に出た「V90」のコンパクト版である。しかしそれと同時に、かつてはボルボの代名詞でもあったエステート(ステーションワゴン)をいま一度広く知らしめる役割も担う。

クーペルックな旧型V60はスポーツワゴン的なキャラクターであったし、V90はファミリーエステートにしては大きすぎるし、お高すぎる。ちょっと地味だった3代目「V70」(2017年販売終了)から正統ボルボエステートのバトンを渡されたのが、今度のV60というわけである。

今回乗ったのは、新型シリーズ第1弾の「T5インスクリプション」(599万円)。100万円安い「モメンタム」もあるが、この日は用意されなかった。日本仕様ラインナップの特徴は、ディーゼルが予定にないこと。そのかわり、2種類のツインエンジン(プラグインハイブリッド)が入るが、そちらのデリバリーは2019年3月以降になる。

2018年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「ボルボV60」。スポーティーさを前面に押し出した先代に比べ、より実用性を重視したモデルと定義されている。
2018年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「ボルボV60」。スポーティーさを前面に押し出した先代に比べ、より実用性を重視したモデルと定義されている。拡大
「ブロンド」と呼ばれる白系のカラーを主体とするインテリア。ボディーカラーによっては「アンバー」(茶系)や「チャコール」(黒系)も選べる。
「ブロンド」と呼ばれる白系のカラーを主体とするインテリア。ボディーカラーによっては「アンバー」(茶系)や「チャコール」(黒系)も選べる。拡大
上級グレード「インスクリプション」の前席。表皮はパーフォレーテッド・ナッパレザーで、シートヒーターやベンチレーション、マッサージ機能などが備わる。
上級グレード「インスクリプション」の前席。表皮はパーフォレーテッド・ナッパレザーで、シートヒーターやベンチレーション、マッサージ機能などが備わる。拡大
9インチの縦型ディスプレイは、新生代ボルボの特徴的な装備のひとつ。インフォテインメントシステムの操作や車両設定などは、このタッチパネルを介して行う。
9インチの縦型ディスプレイは、新生代ボルボの特徴的な装備のひとつ。インフォテインメントシステムの操作や車両設定などは、このタッチパネルを介して行う。拡大

ゆったり乗れてしっかり積める

新世代プラットフォームで構成される新型V60は、V90よりひとまわり半ほど小さい。全長(4760mm)は175mm、全幅(1850mm)は40mm、全高(1435mm)も40mm、それぞれサイズダウンした。ドイツ御三家のミドルクラスワゴンでいちばん大柄な「アウディA4アバント」とほぼ同寸だ。

旧型V60と比べると、全長は約13cm延びたが、高さと幅は小さくなった。中でもこだわったのは1850mmにおさめた全幅で、国内市場にはこのへんにひとつの心理的バリアーがあると考える日本側が、ボルボ本社に強く働きかけた“成果”だという。デザイナーにはあと20mm広げたかったのにと、ボヤかれているらしい。

ボルボ門外漢が見たら、V90と区別がつかないだろうが、新型V60が「小さなV90」ではないと主張するのはリアエンドである。V90ほどテールゲートが寝ていない。つまりそれだけボディー後端まで荷室容積を稼ぐことができた。平常時の荷室は、実測で奥行き100cm、幅104cm。V90より奥行きは15cm短いが、幅は同じである。後席背もたれを倒すと、奥行きはカーペットの上だけで160cmに広がる。

V90とホイールベースが7cmしか違わないこともあり、リアシートの足もとの広さはステーションワゴン最大級である。全長4.7mオーバーなのだから当然とはいえ、人もモノもゆったりたっぷり乗せられる高機能ワゴンである。

先代比で、全長は125mm延長。全幅は15mm狭くなり、全高は45mmも低められた。
先代比で、全長は125mm延長。全幅は15mm狭くなり、全高は45mmも低められた。拡大
後席のニークリアランスは先代「V60」よりもアップ。「V70」と比べてもさらなる余裕が生まれた。
後席のニークリアランスは先代「V60」よりもアップ。「V70」と比べてもさらなる余裕が生まれた。拡大
5人乗車時の荷室容量は、先代よりも99リッター増しの529リッター。「アウディA4アバント」(505リッター)をはじめとする“ドイツ御三家”のワゴンをしのぐ。
5人乗車時の荷室容量は、先代よりも99リッター増しの529リッター。「アウディA4アバント」(505リッター)をはじめとする“ドイツ御三家”のワゴンをしのぐ。拡大
「チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ」は20万6000円のオプション。外気温が25度以上になると自動でサンシェードが閉まる機能が備わる。
「チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ」は20万6000円のオプション。外気温が25度以上になると自動でサンシェードが閉まる機能が備わる。拡大

意外なほどスポーティー

見るとV90に似ているが、乗るとそれほどでもない。V60は“走り”がよりスポーティーでカジュアルだ。

キャンプ場のフラットダートを走りだしたときから、18インチを履く足まわりはけっこうスポーティーに感じた。空荷のひとり乗車というせいもあり、乗り心地は硬めだ。といっても、ズシンと“おもがたい”のではなく、軽快な硬さである。上等なナッパレザーのシートもアンコに張りがあって、あまりタワまない。ちなみに日本仕様V60の足まわりは、ヨーロッパと同じ“ダイナミックシャシー”だという。

最高出力254psの2リッター4気筒ターボは、V90のベースグレードや「XC60」に載るT5と同じである。だが、車重はこれがいちばん軽い。ツーンと回る気持ちのいいエンジンを引っ張ると、かなりのスピードワゴンである。これだけ力のあるFFでも、ステアリングに気になるキックバックはこない。ボディーのダウンサイジングは走っても明らかで、V90より身のこなしは軽い。普段使いでも、大きさを持て余すことはなさそうだ。

インスクリプションには360度ビューカメラが標準装備されている。4台のカメラによる画像解析で、駐車などの際に自車の上空視野を提供する。最近は軽自動車にも付き始めたが、縦長9インチのセンターディスプレイに映る画像の精細度は別格だ。短い試乗のあいだでもついつい頼ってしまうが、自分の首を振って車両の周囲を確認する習慣が失われそうで、コワイ気もする。

フロントサスペンションは、接地性に優れるダブルウイッシュボーン式。構成パーツの大半がアルミ製となっている。対するリアは、グラスファイバー複合素材を使ったリーフスプリングを含むマルチリンク式が採用されている。
フロントサスペンションは、接地性に優れるダブルウイッシュボーン式。構成パーツの大半がアルミ製となっている。対するリアは、グラスファイバー複合素材を使ったリーフスプリングを含むマルチリンク式が採用されている。拡大
2リッター直4ターボは、1500rpmの低回転域で350Nmの最大トルクを発生。JC08モードの燃費値は12.9km/リッターを記録する。
2リッター直4ターボは、1500rpmの低回転域で350Nmの最大トルクを発生。JC08モードの燃費値は12.9km/リッターを記録する。拡大
ステアリングホイールのスポーク部には、アダプティブクルーズコントロールやインフォテインメントシステムの操作スイッチが備わる。
ステアリングホイールのスポーク部には、アダプティブクルーズコントロールやインフォテインメントシステムの操作スイッチが備わる。拡大
日本に導入される「V60 T5」は、「モメンタム」と「インスクリプション」の2本立て。駆動方式はいずれもFFとなる。
日本に導入される「V60 T5」は、「モメンタム」と「インスクリプション」の2本立て。駆動方式はいずれもFFとなる。拡大

大きいことはいいことだ

2018年の上半期に乗った新型車で、個人的にいちばん気に入ったのは、ボルボV90の「クロスカントリー」だった。乗り心地も居心地も、とにかくここちよい。ハンドルを握っていると、ストレスが溶けてゆく気がする。こういう癒やし効果を持つのが、ボルボの余人をもって代えがたいところだなあと、あらためて感じさせられるクルマである。

下半期に入ると、「アルピーヌA110」が現れて、“2018マイCOTY”の行方は早くも混沌としてきたが、そうした個人的興味から、今回、勝手に注目していたのは、新型V60にあのV90クロスカントリーがどれくらい“入っているか”ということだった。

結論を言うと、それほど入っていなかった。あたりまえだ。そもそも、今回のV60はSUVのクロスカントリーではない。ただ、ノーマルV90の乗り味を思い出しても、やはりボディーの大きさが黙っていてももたらす“豊かさ”は、たしかにあるものだなあと感じた。

とはいえ、新型V60がより多くの人にアピールする復活ボルボエステートの役を担うのは間違いない。17インチでファブリックシート、ハーマンカードンオーディオのような高級装備は減るが、パワートレインや安全装備レベルはインスクリプションと変わらない499万円のT5モメンタムも試してみたい。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎/編集=関 顕也)

「V90」とそっくりのフロントまわり。グリル内にある縦格子のデザインなど、意匠の違いはごくわずか。
「V90」とそっくりのフロントまわり。グリル内にある縦格子のデザインなど、意匠の違いはごくわずか。拡大
スイッチ類を最小限にとどめたセンターコンソール。カップホルダーのふたはドリフトウッドと呼ばれる天然木のパネルで仕立てられている。
スイッチ類を最小限にとどめたセンターコンソール。カップホルダーのふたはドリフトウッドと呼ばれる天然木のパネルで仕立てられている。拡大
後席を倒すと、最大1441リッターの積載スペースが得られる(先代は最大1241リッター)。かつて見られた、助手席の折り畳み機構は備わらない。
後席を倒すと、最大1441リッターの積載スペースが得られる(先代は最大1241リッター)。かつて見られた、助手席の折り畳み機構は備わらない。拡大
日本市場にはまず2リッター直4ターボモデル「T5」が導入され、2019年3月ごろに出力の異なる2種類のプラグインハイブリッドモデル(4WD車)が追加される。
日本市場にはまず2リッター直4ターボモデル「T5」が導入され、2019年3月ごろに出力の異なる2種類のプラグインハイブリッドモデル(4WD車)が追加される。拡大

テスト車のデータ

ボルボV60 T5インスクリプション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4760×1850×1435mm
ホイールベース:2870mm
車重:1700kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:254ps(187kW)/5500rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1500-4800rpm
タイヤ:(前)235/45R18 98W/(後)235/45R18 98W(コンチネンタル・プレミアムコンタクト6)
燃費:12.9km/リッター(JC08モード)
価格:599万円/テスト車=627万9000円
オプション装備:メタリックペイント<デニムブルーメタリック>(8万3000円)/チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ(20万6000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:3307km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ボルボV60 T5インスクリプション
ボルボV60 T5インスクリプション拡大
メーターパネルは12.3インチの液晶タイプ。写真のように、カーナビのマップを映し出すこともできる。
メーターパネルは12.3インチの液晶タイプ。写真のように、カーナビのマップを映し出すこともできる。拡大
ボルボ伝統の、ワンタッチで折り畳める後席ヘッドレスト。ドライバーが後方視界を確保するのに役立つ。
ボルボ伝統の、ワンタッチで折り畳める後席ヘッドレスト。ドライバーが後方視界を確保するのに役立つ。拡大
上級グレード「インスクリプション」には、4ゾーンのエアコンディショナーが与えられる。写真は後席用のスイッチおよび吹き出し口。
上級グレード「インスクリプション」には、4ゾーンのエアコンディショナーが与えられる。写真は後席用のスイッチおよび吹き出し口。拡大
注目の記事PR
  • 「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは?
    「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは? 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ V60 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。