クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ジャガーFタイプ Rダイナミック コンバーチブルP300(FR/8AT)

ちっちゃいことはどうでもいい 2018.10.03 試乗記 ジャガーのオープントップモデル「Fタイプ コンバーチブル」に、2リッター直4ターボエンジン搭載モデルが登場。ダウンサイジング化したジャガーにピュアスポーツカーを駆るよろこびはあるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で吟味した。

“屋根なし”こそオリジナル

2013年に初めて登場したジャガーFタイプは、「コンバーチブル」だった。2座オープンボディーはオールアルミのモノコック。これはひょっとして“ジャガーの「ロータス・エリーゼ」”のようなクルマになるのか、と思ったら、1年後に「クーペ」が加わった。わざわざコンバーチブルと名乗るようになったのはそれ以来である。

ふつうオープンモデルというのは、クローズドボディーのあとから出る。上屋を取り払った分の剛性補強と、オープン機構の追加のために、車重は少なからず重くなる。

でも、青天井を楽しむぜいたくのためなら、仕方ない。といったあきらめは、Fタイプ コンバーチブルでは不要だ。グレードを問わず、車重はクーペより10kgしか重くない。さすがFタイプの“オリジナル”である。

今回試乗したのは、2018年からFタイプシリーズに加わった「インジニウム」エンジン搭載モデル。「Eタイプ」直系のジャガースポーツカーを2リッター4気筒で走らせる。試乗車はスポーティー仕上げの「Rダイナミック」(2018年型/1026万円)である。

日本では2013年5月に「ジャガーFタイプ」の名でデビューした「Fタイプ コンバーチブル」。今回は2017年9月に追加された2リッター直4ターボモデル(2018年型)に試乗した。現在店頭では、さらにインフォテインメントシステムの機能を強化した2019年型の販売も始まっている。
日本では2013年5月に「ジャガーFタイプ」の名でデビューした「Fタイプ コンバーチブル」。今回は2017年9月に追加された2リッター直4ターボモデル(2018年型)に試乗した。現在店頭では、さらにインフォテインメントシステムの機能を強化した2019年型の販売も始まっている。拡大
ステアリングホイールのセンターは、やや下方にオフセットされている。日本に導入される「Fタイプ」のハンドル位置は、試乗車に限らずすべて右。
ステアリングホイールのセンターは、やや下方にオフセットされている。日本に導入される「Fタイプ」のハンドル位置は、試乗車に限らずすべて右。拡大
試乗車は、オプションの「プレミアムレザーインテリア」をチョイス。シートやドアトリム、アッパーフェイシアの表皮が本革仕立てとなる。
試乗車は、オプションの「プレミアムレザーインテリア」をチョイス。シートやドアトリム、アッパーフェイシアの表皮が本革仕立てとなる。拡大

パンチに欠けるがおいしいエンジン

後ろ開きのボンネットを開けると、ジャガー・ランドローバーの直噴2リッター4気筒ターボ、インジニウムが現れる。ここには最大5リッターV8スーパーチャージャーまで搭載されるが、2リッター4気筒も不思議とあつらえたように収まっていて、スカスカな感じは見えない。樹脂のエンジンカバーには “JAGUAR”と書いてあるが、中をのぞき込むと、部品の多くにはジャガーとランドローバーのメーカーロゴが横並びに打刻されている。

Fタイプのインジニウムユニットは最高出力300ps。340ps/380psの3リッターV6スーパーチャージャー付き、550ps/575psの5リッターV8スーパーチャージャー付きという現行ラインナップのなかではもちろん最も控えめだ。

直近で経験したFタイプというと、数カ月前に乗った「スポーツ400クーペ」である。スーパーチャージャー付きの3リッターV6を400psにまで高めた、2018年モデルの限定車だ。

こちらは100ps少ないのだから、比べればパンチには欠けるが、不満はない。むしろ動き出しは「トヨタ86」のように軽い。車重1670kgのこのクルマも0-100km/hをクーペと同じ5.7秒でこなす。走り味の“芯”に軽やかさを感じるのは、アルミボディーのなせるわざかなと、Fタイプに乗るたびにいつも思う。

アイドリングストップ機構を備えるが、回っているとアイドル回転数でもけっこう存在感がある。低速域での排気音はV8的な低音だが、回すとハイレヴではスポーティーな4気筒らしいイイ音になる。2リッターでもFタイプをFタイプらしく楽しめるエンジンである。

フロントに縦置きされる2リッター直4ターボエンジン。2000rpmの低回転域で最大トルク400Nmを発生する。
フロントに縦置きされる2リッター直4ターボエンジン。2000rpmの低回転域で最大トルク400Nmを発生する。拡大
「Fタイプ」の2リッター直4ターボモデルが0-100km/h加速に要する時間は5.7秒。最高速度は250km/hとなっている。
「Fタイプ」の2リッター直4ターボモデルが0-100km/h加速に要する時間は5.7秒。最高速度は250km/hとなっている。拡大
メーターパネルはアナログタイプの2眼式(中央はマルチインフォメーションディスプレイ)。ダイナミックモードを選択すると、写真のように目盛りの色が赤に変わる。
メーターパネルはアナログタイプの2眼式(中央はマルチインフォメーションディスプレイ)。ダイナミックモードを選択すると、写真のように目盛りの色が赤に変わる。拡大
シフトレバーの真横に配される、走行モードのセレクター。ノーマル/スポーツ/ウインター/ダイナミックの4種類が選択できる。
シフトレバーの真横に配される、走行モードのセレクター。ノーマル/スポーツ/ウインター/ダイナミックの4種類が選択できる。拡大

気軽に開けて楽しめる

試乗したのは、南から台風が近づきつつある日だった。陽が差していたかと思うと、ときどきシャワーのような雨が降ってくる。

そんな状況でありがたかったのは、使い勝手にすぐれる電動ソフトトップだ。ATセレクターより近い位置にあるスイッチを操作すると、開けるのに10秒、閉めるのに13秒。もちろん手動ロックなど不要の全自動だ。しかも「50km/h未満のときに作動できます」とトリセツに書いてあるとおり、開閉可能速度域が異例に高い。止まったら開け閉めしようと思っているうちに、結局、今日も開閉しなかったという宝の持ち腐れに陥らないオープンである。

畳まれたソフトトップはシート背後の長さ40cmほどのスペースにトランクルームを犠牲にすることなく収まる。クーペと違って、Fタイプ コンバーチブルの2座キャビンは、ミドシップのスーパーカー同様、モノを置くスペースがない。深いところで50cmある、スポーツカーとしては広めのトランクを備えるのはありがたい。

Fタイプのコンバーチブルに乗ったのは、今回が初めてだった。車重わずか10kg差で、動力性能の公称値もクーペと変わらないのがコンバーチブルの売りだが、しかし運転していると、クーペより少し重心感覚が高い印象を受けた。ピュアなスポーツカーとしての魅力はクーペがわずかに勝ると思う。そのかわり、上を開けて青天井にしたとたん、「そんなちっちゃいことはどうでもいいか」と思わせてくれるのがコンバーチブルである。

ほろ式のルーフは10秒ほどで開くことができる。50km/h未満であれば走行中でも操作可能。
ほろ式のルーフは10秒ほどで開くことができる。50km/h未満であれば走行中でも操作可能。拡大
シフトレバー周辺には、ルーフの開閉スイッチのほか、排気音やリアウイングの調節スイッチ、電気式パーキングブレーキのスイッチなどが並ぶ。
シフトレバー周辺には、ルーフの開閉スイッチのほか、排気音やリアウイングの調節スイッチ、電気式パーキングブレーキのスイッチなどが並ぶ。拡大
「ジャガーFタイプ」には、コーナー内側の前後輪にブレーキをかけることでコーナリング中のアンダーステアを抑制するトルクベクタリングシステムが備わる。
「ジャガーFタイプ」には、コーナー内側の前後輪にブレーキをかけることでコーナリング中のアンダーステアを抑制するトルクベクタリングシステムが備わる。拡大
試乗車は、“6スプリットスポーク”が特徴の20インチアロイホイール(オプション)を装着していた。なお、標準では18インチのホイールが組み合わされる。
試乗車は、“6スプリットスポーク”が特徴の20インチアロイホイール(オプション)を装着していた。なお、標準では18インチのホイールが組み合わされる。拡大

悩ましいのは価格

コンバーチブルは、同グレードのクーペに対して一律165万円高。なかなかの価格差だが、逆に登場時から価格競争力をアピールしていたのがクーペである。インジニウム搭載のベーシックグレードだと、2019年モデルで806万円だ。

1962年4月に出た『カーグラフィック』誌創刊2号の巻頭ジャガー特集で、小林彰太郎編集長が「ジャガーの伝統は常に“よいものを安く”という事であった」と書いている。思わず目をみはるようなジャガー観だが、「同等の性能を持つ『メルセデス300SL』や『フェラーリ400』の半分以下の値段でEタイプが買えたことを考えれば、やはりEタイプは驚くべき“安価な性能”を持っていたといわざるを得ない」という続きを読んで納得がいった。

Fタイプの変速機は8段ATだが、最新の日本仕様でも380psの3リッターV6モデルで6段MTが選べる。決してカタログモデルではなく、中古車市場にも出回って「希少なMT!」なんて惹句(じゃっく)をつけられている。2リッター4気筒までダウンサイジングを果たしたのだから、700万円をきるようなMTモデルを仕立てて、間口の広さをアピールしてみたらどうだろう。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=ダン・アオキ/編集=関 顕也)

「エクステリアデザインパック」(32万8000円)を選択した試乗車には、ボディー同色の専用サイドシルやフロントスプリッターなどが装着されている。
「エクステリアデザインパック」(32万8000円)を選択した試乗車には、ボディー同色の専用サイドシルやフロントスプリッターなどが装着されている。拡大
試乗車(2018年型)のモニターは8インチ。現在国内販売されている2019年型には、よりワイドは10インチサイズのモニターが搭載される。
試乗車(2018年型)のモニターは8インチ。現在国内販売されている2019年型には、よりワイドは10インチサイズのモニターが搭載される。拡大
トランクルームの容量は207リッター。フロア中央が大きくくぼんだ形状となっている。
トランクルームの容量は207リッター。フロア中央が大きくくぼんだ形状となっている。拡大
ボディーカラーは、写真の「ユーロンホワイト」を含む全12色がラインナップされる。
ボディーカラーは、写真の「ユーロンホワイト」を含む全12色がラインナップされる。拡大

テスト車のデータ

ジャガーFタイプ Rダイナミック コンバーチブルP300

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4480×1925×1310mm
ホイールベース:2620mm
車重:1670kg
駆動方式:FR
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:300ps(221kW)/5500rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2000rpm
タイヤ:(前)255/35ZR20 97Y/(後)295/30ZR20 101Y(ピレリPゼロ)
燃費:12.2km/リッター(JC08モード)
価格:1026万円/テスト車=1434万9000円
オプション装備:メタリックペイント(16万9000円)/Meridianデジタルサウンドシステム(37万2000円)/パフォーマンスシート(33万円)/インテリアムードライト<5色>(6万2000円)/フロントパーキングコントロール(5万5000円)/リアビューカメラ(5万5000円)/パークアシスト(10万5000円)/20インチ スタイル6003アロイホイール(32万5000円)/InControlセキュリティー(9万7000円)/InControlプロテクト(4万6000円)/ジャガースマートキーシステム<キーレスエントリー&スタート>(8万2000円)/イルミネーテッドメタルトレッドプレート(4万9000円)/ウインドディフレクター(13万7000円)/ジャガースーパーパフォーマンスブレーキシステム(44万7000円)/デジタルテレビチューナー(12万9000円)/レッドブレーキキャリパー<ジャガーロゴ入り>(4万9000円)/エクステンデッドレザーパック(12万1000円)/InControlコネクトプロパック(5万7000円)/コールドクライメイトパック2(29万2000円)/エクステリアデザインパック(32万8000円)/ブライトメタルペダル(2万3000円)/シートメモリーパック2(16万4000円)/プレミアムレザーインテリア(59万5000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:1681km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:376.2km
使用燃料:42.8リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.8km/リッター(満タン法)/7.8km/リッター(車載燃費計計測値)

ジャガーFタイプ Rダイナミック コンバーチブルP300
ジャガーFタイプ Rダイナミック コンバーチブルP300拡大
ドアパネル収納式のドアハンドル。走行時、空気抵抗の低減に寄与する。写真は展開時の様子。
ドアパネル収納式のドアハンドル。走行時、空気抵抗の低減に寄与する。写真は展開時の様子。拡大
シートの調節スイッチは、室内側ドアパネルに設けられる(写真右上)。中央に見えるスピーカーは、37万2000円のオプション「Meridianデジタルサウンドシステム」に含まれるもの。
シートの調節スイッチは、室内側ドアパネルに設けられる(写真右上)。中央に見えるスピーカーは、37万2000円のオプション「Meridianデジタルサウンドシステム」に含まれるもの。拡大
センターコンソールには、USBやHDMIのコネクターが備わる。
センターコンソールには、USBやHDMIのコネクターが備わる。拡大

マフラーエンドはセンターの1本出し。排気音は走行モードに合わせて変化するほか、スイッチ操作で音質だけを変更できる。


	マフラーエンドはセンターの1本出し。排気音は走行モードに合わせて変化するほか、スイッチ操作で音質だけを変更できる。
	拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ジャガー Fタイプ コンバーチブル の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。