ジープ、新型「ラングラー」を10月25日に日本でお披露目

2018.10.01 自動車ニュース
新型「ジープ・ラングラー」
新型「ジープ・ラングラー」拡大

FCAジャパンは、11年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した新型「ジープ・ラングラー」を、2018年10月25日に日本で正式発表する。

 
ジープ、新型「ラングラー」を10月25日に日本でお披露目の画像拡大
「ペンタスター」と呼ばれる3.6リッターV6エンジン(左)と、新開発の2リッター直4直噴ターボエンジン(右)。
「ペンタスター」と呼ばれる3.6リッターV6エンジン(左)と、新開発の2リッター直4直噴ターボエンジン(右)。拡大
 
ジープ、新型「ラングラー」を10月25日に日本でお披露目の画像拡大

1941年に登場した“元祖ジープ”こと「ウィリスMB」「フォードGPW」直系のモデルとして、それまでのCJシリーズに代わり1987年に誕生したジープ・ラングラー。新たに「JL」というコードネームが与えられた新型は、その4代目のモデルにあたる。

今回日本に導入されるのは、「スポーツ」「アンリミテッド スポーツ」「アンリミテッド サハラ ローンチエディション」の全3種類。スポーツは3.6リッターV6 DOHCエンジンを搭載した2ドアの受注生産モデル、アンリミテッド スポーツは最大トルク400Nmの2リッター直4直噴ターボエンジンを積んだ4ドアモデル、アンリミテッド サハラ ローンチエディションは、レザーシートやLEDライト、プレミアムスピーカー、ブラインドスポットモニターなどの各種安全装備を採用した導入記念限定車となっている。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 70年を優に超える歴史を誇る、元祖クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。11年ぶりのモデルチェンジで誕生した新型は、従来モデルからどう進化し、何を受け継いだのか。オンロードとオフロード、双方の試乗を通して確かめた。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場 2019.2.13 自動車ニュース トライアンフから新型の大型二輪モデル「スピードツイン」が登場。クラシカルな「ボンネビル」シリーズの最新モデルにあたり、専用設計のシャシーに高出力版の1.2リッター並列2気筒エンジンを搭載した、スポーティーな走りを特徴としている。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)/911カレラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.2.6 試乗記 2018年11月にロサンゼルスモーターショーでデビューした8代目「ポルシェ911(タイプ992)」に、スペイン・バレンシアで初試乗。新型911のベースモデルともいうべき「カレラS」と「カレラ4S」のステアリングを握れば、タイプ992の実力とポルシェの狙いがきっと見えてくるはずだ。
ホームへ戻る