トヨタ・センチュリー(後編)

2018.10.11 谷口信輝の新車試乗 ショーファードリブンカー「トヨタ・センチュリー」の見どころは、後席だけにあらず。プロのレーシングドライバー谷口信輝が、そのコックピットから走りの印象を報告する。

誰でもスムーズに運転できる

センチュリーの快適性をまずは後席で満喫した谷口信輝。後編では、そのステアリングを握ってもらうことにした。

「後席でも感じたことですが、サスペンションはやっぱり柔らかいですよね。でも、ただ柔らかいだけではなく、バランスもちゃんと出ています。まあ、ハンドリング特性はどちらかといえばアンダーステアですが、決して扱いにくくはありません。それどころか“数字がきちんとそろって”いて、クルマとじっくり対話できます」

「例えば、次のコーナーに進入するときも、なんだかブレーキを踏まなくてもそのまま行けると思っちゃうくらい、クルマのバランスがいい。もちろん、ものすごいペースで走ればサイドウオールが接地するようになってアンダーステアに陥るでしょう。でも、そもそもそこまでタイヤを使っちゃいけないんです。僕はこのクルマのアンダーステアはそれほど強くないと思いますよ」

センチュリーのハンドリングに関する話を、もう少し詳しく聞いてみよう。
「決して鈍くさくないから、カーブを走っていてもうっとうしくない。さっきも言ったとおり、ハンドリングの数字がちゃんと並んでいるのでクルマとの対話が容易だし、先が読みやすい。視界もよくて、運転しやすいクルマです」

「ステアリングギアがわりとスローだから、ハンドルはグルグルとよく回ります。おそらく前輪もそれなりに切れているんでしょうが、さすがにホイールベースが長いから小回りが利くというところまではいかない。それでも持てあますことがない程度にはよく切れると思いますよ」

さらに谷口は、センチュリーだったら腕があまりよくないドライバーでもスムーズな運転ができるはずと太鼓判を押す。
「クルマの挙動がすごく穏やかなので、急な操作をしても変な揺れは起こらない。それは加速しても減速してもコーナーを曲がっても同じこと。乗員の感じるGが急に立ち上がることがないので、体が揺れなくて快適なんです。お抱え運転手があんまり上手じゃなくても、これだったら気にならないでしょうね」

 
トヨタ・センチュリー(後編)の画像拡大
 
トヨタ・センチュリー(後編)の画像拡大
 
トヨタ・センチュリー(後編)の画像拡大
 
トヨタ・センチュリー(後編)の画像拡大

トヨタ・センチュリー
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5335×1930×1505mm/ホイールベース:3090mm/車重:2370kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/最高出力:381ps(280kW)/6200rpm/最大トルク:510Nm(52.0kgm)/4000rpm/モーター最高出力:224ps(165kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム最高出力:431ps(317kW)/タイヤ:(前)225/55R18 98H/(後)225/55R18 98H(ブリヂストン・レグノGR001)/燃費:13.6km/リッター(JC08モード)/価格:1960万円


	トヨタ・センチュリー
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5335×1930×1505mm/ホイールベース:3090mm/車重:2370kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/最高出力:381ps(280kW)/6200rpm/最大トルク:510Nm(52.0kgm)/4000rpm/モーター最高出力:224ps(165kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム最高出力:431ps(317kW)/タイヤ:(前)225/55R18 98H/(後)225/55R18 98H(ブリヂストン・レグノGR001)/燃費:13.6km/リッター(JC08モード)/価格:1960万円
	拡大

関連キーワード:
センチュリー, トヨタ,

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.18 試乗記 要人御用達の国産ショーファードリブンカー「トヨタ・センチュリー」が、20年ぶりにフルモデルチェンジ。「継承と進化」をテーマに開発された新型は、ほかのサルーンでは味わえない独自の高級車像を築き上げていた。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
ホームへ戻る