新型「レクサスES」、3つのグレードで販売開始

2018.10.24 自動車ニュース
「レクサスES“バージョンL”」
「レクサスES“バージョンL”」拡大

トヨタ自動車は2018年10月24日、レクサスブランドのミッドサイズセダンである「ES」の新型を発表。同日、販売を開始した。

7代目となる新型「レクサスES」は、2018年4月の北京モーターショーでデビュー。日本でESが販売されるのは、今回が初となる。
7代目となる新型「レクサスES」は、2018年4月の北京モーターショーでデビュー。日本でESが販売されるのは、今回が初となる。拡大
インテリアの装備類は、ドライバーが姿勢や視線を変化させることなく操作できるよう配置されている。
インテリアの装備類は、ドライバーが姿勢や視線を変化させることなく操作できるよう配置されている。拡大
前席のシートバックは「LS」と同様に、上下2分割構成のデザインが採用される。
前席のシートバックは「LS」と同様に、上下2分割構成のデザインが採用される。拡大
1025mmのカップルディスタンス(前席との着座距離)が確保された後席。グレードによりリクライニング機構が備わる。
1025mmのカップルディスタンス(前席との着座距離)が確保された後席。グレードによりリクライニング機構が備わる。拡大
トランクルームの容量は443リッター。開口部の広さも特徴となっている。
トランクルームの容量は443リッター。開口部の広さも特徴となっている。拡大

日本市場には初登場

日本初導入となるレクサスESは、これまでレクサスの主戦場である北米をはじめ、中東やアジアなどで販売されてきたプレミアム中型FFサルーンである。その誕生は1989年。レクサスブランドを北米で展開するにあたり、フラッグシップの「LS400」(日本名:「トヨタ・セルシオ」)と共にエントリーモデルとして投入されたのが初代の「ES250」だった。その後を受けた2~4代目は、「トヨタ・ウィンダム」として日本でも販売されたが、5代目以降は輸出専用車に戻った。今回、日本市場に導入される新型は7代目となる。

ちなみに北米市場では、SUVの「RX」が出るまではESがレクサスの稼ぎ頭だった。現在もRXと「NX」に次ぐ販売台数(2017年実績で5万台以上)を誇り、初代以来の世界累計販売台数は約200万台というレクサスの中核車種である。

ESの原点である乗り心地、静粛性、広い室内空間といった「上質な快適性」のさらなる進化をうたった新型ES。「カムリ」などと共通の高剛性かつ低重心なGA-Kプラットフォームに載るボディーは、ワイド&ローのプロポーションを持つ。刺激的ながらエレガントというコンセプトを掲げたデザインは、現行「LS」に通じる新世代レクサスサルーンの文法にのっとっている。全長×全幅×全高=4975×1865×1445mm、ホイールベース2870mmというボディーサイズは先代よりひとまわり大きくなっており、20mm短い全長を除き、数値は初代LSを上回る。

新型では、空力性能を追求し、後方に配置されたAピラーと傾斜したCピラーによって、広い室内空間を確保しながらもスポーティーで引き締まったシルエットを実現。室内は運転に集中できる、程よい包まれ感のあるドライバー空間と、落ち着いてくつろげる広々としたパッセンジャー空間の融合が図られている。トランクルームの容量は、ハイブリッドバッテリー(ニッケル水素電池)を後席の下に配置することで443リッターを確保。リアバンパーの下に足先を出し入れするだけでトランクリッドに自動開閉が行える「ハンズフリーパワートランクリッド」も備わる。

新型「ES」には、シリーズで初めてスポーティーグレード「Fスポーツ」(写真)が設定される。
新型「ES」には、シリーズで初めてスポーティーグレード「Fスポーツ」(写真)が設定される。拡大
日本で販売される「ES」はハイブリッド車のみ。2.5リッターのガソリンエンジンをモーターがサポートする。
日本で販売される「ES」はハイブリッド車のみ。2.5リッターのガソリンエンジンをモーターがサポートする。拡大
従来のサイドミラーに代わる「デジタルアウターミラー」は、新型「ES」のトピックのひとつ。広さや明暗の点で、鏡では映し出せない視界をドライバーに提供する。
従来のサイドミラーに代わる「デジタルアウターミラー」は、新型「ES」のトピックのひとつ。広さや明暗の点で、鏡では映し出せない視界をドライバーに提供する。拡大
「デジタルアウターミラー」の映像は、左右Aピラーの付け根に備わる5インチモニターに表示される。写真は運転席側(右側)のもの。
「デジタルアウターミラー」の映像は、左右Aピラーの付け根に備わる5インチモニターに表示される。写真は運転席側(右側)のもの。拡大
“程よい包まれ感”が演出されたコックピット周辺部。インストゥルメントパネルのセンターには12.3インチのモニターがレイアウトされる。
“程よい包まれ感”が演出されたコックピット周辺部。インストゥルメントパネルのセンターには12.3インチのモニターがレイアウトされる。拡大
助手席シートの側面にはリクライニングと前後スライドのスイッチが用意され、後席側からの操作も可能となっている。
助手席シートの側面にはリクライニングと前後スライドのスイッチが用意され、後席側からの操作も可能となっている。拡大

静粛性と空力性能が徹底的に追求された新型「ES」。リアコンビランプやリアバンパー下部の形状も、それらの向上に寄与しているという。


	静粛性と空力性能が徹底的に追求された新型「ES」。リアコンビランプやリアバンパー下部の形状も、それらの向上に寄与しているという。
	拡大

視界を広げる先進の装備も

フロントがストラット、リアがダブルウイッシュボーンのサスペンションは、操縦安定性と乗り心地を高次元で両立した。前後とも、ボディーの微小な動きにも減衰力を発生させる「スウィングバルブショックアブソーバー」を世界初採用。応答性のよさを確保しつつ、走りだしのフラット感や高速走行時の直進安定性、および上質な乗り心地を実現した。また車両の前後に備えたパフォーマンスダンパーが、走行中のボディーのねじれや微震動を速やかに吸収。いっそうシャープなハンドリング特性とすぐれた乗り心地に貢献している。

前輪を駆動するパワートレインは、カムリと共通。2.5リッター直4エンジン(最高出力178ps、最大トルク221Nm)+電気モーター(同120ps、同202Nm)のハイブリッドユニットはシステム最高出力218psを発生する。トランスミッションは電気式無段変速機で、圧倒的な燃費性能と気持ちのいい加速フィーリングを追求した。

世界トップレベルの先進安全技術をうたう、単眼カメラとミリ波レーダーを使った予防安全パッケージである「レクサスセーフティーシステム+」は、さらに機能が進化している。例えばプリクラッシュセーフティーは、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能になった。また最高速度など4つの道路標識をメーターとヘッドアップディスプレイに表示し、見落としを減らすロードサインアシストなどの新たな機能も付加されている。

もうひとつの最先端の安全技術が、2018年9月に発表されて話題となった、量産車としては世界初採用の「デジタルアウターミラー」。通常のドアミラーの位置に装着したカメラで撮影した車両左右後方の映像をダッシュボード両端、Aピラーの根元に設置した5インチのディスプレイに表示。夜間や雨天時もクリアな視界を確保し、右左折時や後退時などには表示エリアを拡大して死角を低減。また従来のアウターミラーに代えて小型カメラを採用したことにより斜め前方視界が拡大、風切音の低減にも寄与している。

現行LSに続く新世代レクサスサルーンとして、国産では同門の「クラウン」およびカムリが輸入車相手に奮闘している“ミッドサイズセダン市場”に挑む新型レクサスES。バリエーションは、標準モデルの「ES300h」と、装備充実の「ES300h“バージョンL”」、スポーティーな内外装を特徴とする「ES300h“Fスポーツ”」の3種類に大別される。

価格は以下の通り。

  • ES300h:580万円
  • ES300h“Fスポーツ”:629万円
  • ES300h“バージョンL”:698万円

(文=沼田 亨)

◆関連記事:意外に早く普及する!? 世界初の「デジタルアウターミラー」って何だ?
「レクサスES300h“バージョンL”」のフォトギャラリーはこちら
「レクサスES300h“Fスポーツ”」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ES, レクサス, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES 2018.4.25 画像・写真 2018年4月25日に開幕した北京モーターショーで、7代目となる新型「レクサスES」がデビュー。日本国内においても同年秋に発売されることが、正式にアナウンスされた。そのディテールを写真で紹介する。
  • レクサスES300h“バージョンL” 2018.10.24 画像・写真 2018年10月24日に日本で初めて発売された、レクサスのミッドサイズセダン「ES」。「上質な快適性」をさらに進化させたという最新型のうち、上級グレードにあたる「ES300h“バージョンL”」の姿を写真で紹介する。
  • 新型「レクサスES」、3つのグレードで販売開始 2018.10.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年10月24日、レクサスブランドのミッドサイズセダンである「ES」の新型を発表。同日、販売を開始した。モデルラインナップは全3種類で、すべて2.5リッターエンジンとモーターを併用するハイブリッド車となる。
  • メルセデス・ベンツA220 4MATICセダン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.10.20 試乗記 とどまるところを知らぬメルセデスの新型車攻勢。新型「Aクラス」にも、「ハッチバック」に続いて早くも「セダン」が設定された。ややもすれば「Cクラス」をも食いかねない、ニューフェイスの出来栄えやいかに!? アメリカ・シアトルからの第一報。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
ホームへ戻る