第10回:トヨタ・カローラ スポーツ(後編)

2018.10.31 カーデザイナー明照寺彰の直言
「トヨタ・カローラ スポーツ」
「トヨタ・カローラ スポーツ」拡大

実用性を犠牲にしている割にはスポーティーに見えない? トヨタ最新のCセグメントハッチバック車「カローラ スポーツ」のスタイリングに見る“ふに落ちないポイント”を、現役のカーデザイナー明照寺彰が語る。

リアまわりの上部を絞り込むことでスポーティーさを狙った「カローラ スポーツ」のデザインだが、それにより“垂れ尻”に見えてしまうという弊害も生まれてしまった。
リアまわりの上部を絞り込むことでスポーティーさを狙った「カローラ スポーツ」のデザインだが、それにより“垂れ尻”に見えてしまうという弊害も生まれてしまった。拡大
「カローラ スポーツ」のラゲッジルームの容量は352リッター(FF車、VDA方式)。ライバルより狭いが、FF車には床面の高さを変えたり空間を仕切ったりできる「4:2:4分割アジャスタブルデッキボード」をオプション設定するなど、利便性を高める配慮がなされている。
「カローラ スポーツ」のラゲッジルームの容量は352リッター(FF車、VDA方式)。ライバルより狭いが、FF車には床面の高さを変えたり空間を仕切ったりできる「4:2:4分割アジャスタブルデッキボード」をオプション設定するなど、利便性を高める配慮がなされている。拡大
「マツダ・アクセラスポーツ」の荷室容量は352リッターと公称されている(FF・ガソリン車、VDA方式)。
「マツダ・アクセラスポーツ」の荷室容量は352リッターと公称されている(FF・ガソリン車、VDA方式)。拡大
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の荷室容量は380リッター(ISO測定法によるドイツ公称値)。ちなみに、日本で販売されるCセグメントハッチバック車だと、「スバル・インプレッサスポーツ」の385リッターという荷室容量が、これに匹敵する(VDA方式)。
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の荷室容量は380リッター(ISO測定法によるドイツ公称値)。ちなみに、日本で販売されるCセグメントハッチバック車だと、「スバル・インプレッサスポーツ」の385リッターという荷室容量が、これに匹敵する(VDA方式)。拡大

352リッターの荷室に物申す

明照寺彰(以下、明照寺):同じスポーティー路線でも、「マツダ・アクセラスポーツ」はシルエットやスタンスを第一に考えているのに対して、カローラ スポーツは、ちょっとデザインをやり過ぎてる感があります。

永福ランプ(以下、永福):頑張りすぎ?

明照寺:そのせいで、一番重要なところがちょっと崩れてしまっている。

永福:私の感覚だと、アクセラはとてもカッコいい。でも実際に使ってみると、やや“カッコ優先”すぎるって感じます。全幅が広いのに、大きな荷物はあんまり積めない。自分がこういうハッチバックを買うとしたら、もっと効率のいいパッケージが欲しい。一方、カローラ スポーツは、アクセラほどスタイリッシュには感じないんだけど、実際にはやっぱり実用性が犠牲になってる。

明照寺:ひょっとしたら荷室はアクセラよりさらに狭いんじゃないですか。リアの上部をすごく絞っているので。

ほった:カタログだと、一応アクセラが364リッターで、カローラ スポーツが352リッターですね。

永福:「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は?

ほった:380リッターです。

永福:実際の積載性は、この数字よりさらに差があると思うな。これってトノカバーより下の部分の容量(※)だもんね。天井まですりきり一杯積んだら、もっと違うでしょう。テールゲートの傾斜角度が違うから。

※カタログなどに掲載される荷室容量は、ドイツのVDA方式やDIN方式で計測される。ISOによって定められた、容積1リッター(長さ200mm、幅100mm、高さ50mm)のテストボックスを何個積めるかで容量を量る方法で、ワゴンやハッチバックなどの場合は、トノカバーの高さを上限として計測が行われる。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る