実は“なんちゃって”だった

しかしながらこうした類いのジョークで最高だったのは、つい先日パリモーターショー2018の特別展示で発見した一台で、「Routes Mythiques(伝説の道)」と題された歴史車の特集に展示されていたものだ。

なにやら勇ましいロールス・ロイス(RR)の「コーニッシュ」である。1981年のパリ-ダカール仕様という。スペックを読んで仰天した。エンジンはシボレーのV8 5750cc。それに「トヨタ・ランドクルーザー」の駆動系を組み合わせたものである。

構想の始まりは1980年のある日、ティエリー・ド・モンコルジェ氏と仲間たちの食事中の何気ない会話だったという。

彼らはその冗談ともとれる計画を実現してしまった。チューブラーフレームを溶接。そこにかぶせるコーニッシュを模したボディーはグラスファイバーで製作し、フロントフードおよびドアにはアルミを用いた。パワーステアリングや容量400リッターの燃料タンクも搭載した。

1981年のパリ-ダカールラリーではアフリカ区間にまで達したものの、フロントアクスル破損でリタイアを喫した。しかし、その奇妙なルックスをマスコミは興味をもって採り上げた。記録によれば当時、記事にして1800あまりが掲載され、テレビでは150回も報じられたという。

ティエリー・ド・モンコルジェ氏が製作した1981年「ロールス・ロイス・コーニッシュ」のパリ-ダカール仕様。2018年10月パリモーターショーで。
ティエリー・ド・モンコルジェ氏が製作した1981年「ロールス・ロイス・コーニッシュ」のパリ-ダカール仕様。2018年10月パリモーターショーで。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事