フォルクスワーゲンが「アルテオン」に新グレードを設定

2018.10.26 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4MOTIONエレガンス」
「フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4MOTIONエレガンス」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年10月26日、「アルテオン」のモデルラインナップに新グレード「TSI 4MOTIONエレガンス」を追加設定し、販売を開始した。

 
フォルクスワーゲンが「アルテオン」に新グレードを設定の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「アルテオン」に新グレードを設定の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「アルテオン」に新グレードを設定の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「アルテオン」に新グレードを設定の画像拡大

今回追加されたアルテオンTSI 4MOTIONエレガンスは、車名が示すとおり、専用の内外装装備を装着することで、既存の「TSI 4MOTION Rライン」「TSI 4MOTION Rライン アドバンス」グレードとは異なる、エレガントさを強調した新グレードである。

エクステリアには、専用のフロントバンパーやシルバーのドアミラーを採用。ホイールカラーはシルバーとなる。

インテリアでは、インパネにウッドの装飾パネルを採用。レザーシートのカラーリングは「チタンブラック」「ミストラルグレー」「バレンシアブラウン」の3色を設定した。

このほかセットオプションとして、電動パノラマスライディングルーフと、デンマークのオーディオメーカーDynaudio(ディナウディオ)製のプレミアムサウンドシステムを組み合わせた「ラグジュアリーパッケージ」(24万8400円)を新たに設定。TSI 4MOTIONエレガンスだけでなく、TSI 4MOTION Rライン アドバンスでも装着可能となっている。

価格は599万円。

(webCG)

関連キーワード:
アルテオン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
ホームへ戻る