できないことを探し求めて

しかし、相手は王者メルセデス・ベンツ(の車載インフォテインメントシステム)である。自然なやり取りができる一方で、「これくらいはできて当然」という気持ちが筆者にあったのも事実だ。そこでひと泡吹かせてやろう(?)と考え、ポケットに忍ばせていた「マル秘コマンドリスト」を取り出した。要は、これはできないだろうとか、この質問で困らせてやろうといった、ちょっとイジワルなコマンド&質問をまとめたものである。

さて、どれから試してやろうかと考えている筆者に向け、MBJのスタッフから「それ、ほとんどできませんよ」というキツいひと言が。「メモ帳を開いたときに中身が見えちゃいました♪」と言われてしまってはぐうの音も出ない。

ちなみに用意していたコマンドの一部をここにさらすと、「エンジンを止めて」「ドライブモードをスポーツに変更」「『フォルクスワーゲン・ゴルフ』についてどう思うか教えて」といったものである。

このうち、エンジンやドライブモードについては、誤作動したときの危険を考慮して、あえて対応していないそうだ。シートポジションの調整やドアウィンドウの開閉、アダプティブクルーズコントロールの設定なども同様である。「あそこの駐車場でメルセデスエンジン止めてご飯食べよう」といった会話に反応して、走行中にエンジンが止まってしまうかもしれないし、助手席の同乗車が「シートを倒して」と発したときに、運転席が倒れてしまうかもしれない。そうした危険を遠ざけるための判断だそうである。

「カレーを食べたい」と声を掛けると、カレーを提供する近隣の飲食店が表示される。メルセデス・ベンツ車だからといって、高級店が上位表示されるわけではないようだ。
「カレーを食べたい」と声を掛けると、カレーを提供する近隣の飲食店が表示される。メルセデス・ベンツ車だからといって、高級店が上位表示されるわけではないようだ。拡大
メルセデス・ベンツ日本のスタッフの計らいで、カール・ベンツ(という名で登録された別のスタッフ)と電話で話すこともできた。
メルセデス・ベンツ日本のスタッフの計らいで、カール・ベンツ(という名で登録された別のスタッフ)と電話で話すこともできた。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
ホームへ戻る