できないことでも認識はしている!?

ゴルフについてどう思う? という質問については、できないと知った上であえて試してみた。確かに答えられず、MBUXは何のレスポンスもしない。先述した「とても暑い」も含め、できないコマンドに対しては無言を貫くのがMBUXの流儀のようだ。しかし筆者は、この無言を貫くという対応が、実はMBUXの優れた部分のひとつではないかと思うのである。「ゴルフに行きたい」と言うと、MBUXはゴルフ場やゴルフ練習場、ゴルフ洋品店などをしっかりとサジェストしてくれる。ということは筆者のくだらない質問と、ゴルフに行きたいという要望とをしっかりと聞き分けている。つまり、無言で対応せざるをえない事柄については、対応の仕方を人間から教わっていないだけということではないだろうか。

この点に関しては「まだMBUXは勉強中です」と、MBJの担当者からあっさりと白旗宣言が出た。しかし、実は本国ドイツバージョンには、こうした雑談モードのような機能がすでに一部実装されているらしい。日本語バージョンについても「12月の納車まではまだ少し猶予がありますので……」と、含みを持たせた。

結局、この日の体験でできなかったのは、メーカーが安全性に配慮してオフにしていることと、利便性にはまったく関係のない余計なことだけだった。つまり、普通のことが普通にできた。コツなども必要なく、日本語が話せれば誰でも使える。

土地勘のない場所への家族でのドライブ。お父さんが「ちょっとトイレ」とコンビニへ寄った隙に、子どもたちがカーナビの目的地をトイザらスに変更するといったようなことは、造作もないことなのである。

(文と写真と編集=藤沢 勝)

取材の前にも後にも、多くの人が見物していた新型「Aクラス」。受注も好調だそうだ。
取材の前にも後にも、多くの人が見物していた新型「Aクラス」。受注も好調だそうだ。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
ホームへ戻る