スズキ・ジムニーXC(前編)

2018.11.01 谷口信輝の新車試乗 売れっ子オフローダー「スズキ・ジムニー」に、レーシングドライバーの谷口信輝が試乗。一見、レーシングカーの対極にあるように思えるこの軽乗用車の走りを、プロはどのように評価する?

新しいのに懐かしい

今回、谷口信輝に試乗してもらうのは、いま話題沸騰中のスズキ・ジムニーである。

なにが話題になっているかといえば、その人気ぶり。1970年に発表された初代から数えて4代目となる新型は、2018年7月に発売されると瞬く間に受注が1万5000台を突破したと報道された。ちなみに、スズキが当初発表した国内の年間販売目標台数は1万5000台。このためいまオーダーしても納車は1年先だとか、1.5リッターエンジンを積む登録車の「ジムニーシエラ」だと納車まで3年かかるといったことがうわさになり、その人気にさらに拍車がかかる状況となっている。

ちなみにジムニーはこれまで194の国と地域で累計285万台が販売された世界的な人気車種。こんなに小さくて、これほど本格的なオフロード性能を備えた4WDモデルがほかにない(「三菱パジェロミニ」は2012年に生産終了)ことがその最大の理由だが、新型もジムニーのアイデンティティーである「ラダーフレーム」「副変速機付きパートタイム4WD」「3リンクリジッドアクスル式サスペンション」「FRレイアウト」などをしっかり継承。小さな外観に似合わないオフロード走破性を備えている。

今回用意したのは3気筒660ccターボエンジンを搭載した軽規格のジムニーで、グレードは最も上級の「XC」、ギアボックスは5MTである。いつものように箱根のワインディングロードで試乗を終えた谷口は、コメントを求めてもニコニコするばかりで口を閉ざしたまま。ただし、その表情から谷口が楽しんだことはなんとなく想像がついた。

「いやあ、いいクルマだと思いますよ。いいとは思うけれど、なんとも“昭和感”にあふれていますねえ。なんといってもアナログ感が満載じゃないですか。たしかに、現代的なところもありますよ。例えばナビが付いていたり、エンジンはスタートスイッチを押すだけで始動できるし、スピードメーターとタコメーターの間にはデジタル式ディスプレイが取り付けられているし、サイドウィンドウだって手でレギュレーターをクルクル回すんじゃなくてしっかりパワーウィンドウになっている。そういう意味では新しくもなっているんですが、そのいっぽうでちゃんとジムニーらしさは残っていますね」

 
スズキ・ジムニーXC(前編)の画像拡大
 
スズキ・ジムニーXC(前編)の画像拡大
 
スズキ・ジムニーXC(前編)の画像拡大
 
スズキ・ジムニーXC(前編)の画像拡大
【スズキ・ジムニーXCのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1725mm/ホイールベース:2250mm/車重:1030kg/駆動方式:4WD/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/ トランスミッション:5MT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:96Nm(9.8kgm)/3500rpm/タイヤ:(前)175/80R16 91S/(後)175/80R16 91S(ブリヂストン・デューラーH/T II 684)/ 燃費:16.2km/リッター(WLTCモード)/価格:174万4200円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:173.8km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:16.0リッター(レギュラーガソリン)/参考燃費:10.9km/リッター(満タン法)、13.1km/リッター(車載燃費計計測値)
【スズキ・ジムニーXCのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1725mm/ホイールベース:2250mm/車重:1030kg/駆動方式:4WD/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/ トランスミッション:5MT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:96Nm(9.8kgm)/3500rpm/タイヤ:(前)175/80R16 91S/(後)175/80R16 91S(ブリヂストン・デューラーH/T II 684)/ 燃費:16.2km/リッター(WLTCモード)/価格:174万4200円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:173.8km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:16.0リッター(レギュラーガソリン)/参考燃費:10.9km/リッター(満タン法)、13.1km/リッター(車載燃費計計測値)拡大

関連キーワード:
ジムニー, スズキ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • “クロカン三傑”のモデルチェンジに寄せる
    ある「ランドローバー・ディフェンダー」乗りの独白
    2018.11.5 デイリーコラム 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」と、クロカン界の雄が一気にモデルチェンジを迎えた中、ひとり置き去りにされた感のある「ランドローバー・ディフェンダー」。注目を集めるライバルたちや、ウェブ上にたゆたう新型のウワサに、現オーナーは何を思うのか?
  • 第10回:トヨタ・カローラ スポーツ(後編) 2018.10.31 カーデザイナー明照寺彰の直言 実用性を犠牲にしている割にはスポーティーに見えない? トヨタ最新のCセグメントハッチバック車「カローラ スポーツ」のスタイリングに見る“ふに落ちないポイント”を、現役のカーデザイナー明照寺彰が語る。
ホームへ戻る