第110回:あの「きぬた歯科」を直撃セリ

2018.11.06 カーマニア人間国宝への道

首都高で異彩を放つ謎の看板

私がその看板広告に気付いたのは、数年前のこと。地元の永福ランプから首都高4号下りに乗り入れて間もなく、いやが応でもドカーン! と目に入ってきた。

きぬた歯科
インプラント
JR西八王子駅前

文字の脇には、歯科医らしき男性がニッコリほほ笑んでいる。背景はピンク! ちょうど、インプラントは危険だという説が流れていた(私は1本入れてます)。そんなインプラントを、ピンクの背景とともにニッコリ勧める中年歯科医。

この怪しさは天文学級だ……。

しかも、あまりにも文字数が少なくて、内容がよくわからない。「この歯科医院は、インプラント治療をやってるんだろうな」とは推測できるが、怪しすぎて広告の意図がわからない。なぜこんな怪しい看板を出しているのか、それがサッパリわからない。

あれから数年。きぬた歯科の看板広告は、どんどん増殖を続けている。それも、高速道路上から見える位置に多数!

これはもう、高速道路を頻繁に利用するカーマニアとして黙っていられない。

本人に直撃しよう! きぬた歯科へGO!

こうして私は、JR西八王子駅に降り立ったのだった。

首都高速4号線下り方面、永福ランプ付近に設置されている「きぬた歯科」の看板。
首都高速4号線下り方面、永福ランプ付近に設置されている「きぬた歯科」の看板。拡大
JR西八王子駅前は「きぬた歯科」の黄色い看板でほぼジャックされている。(写真=きぬた歯科)
JR西八王子駅前は「きぬた歯科」の黄色い看板でほぼジャックされている。(写真=きぬた歯科)拡大
ついに看板の主、きぬた泰和院長と対面!
ついに看板の主、きぬた泰和院長と対面!拡大
病院の正面口に設置されたからくり時計では、音楽とともにきぬた先生の人形が登場する。
病院の正面口に設置されたからくり時計では、音楽とともにきぬた先生の人形が登場する。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事