2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビュー

2018.11.23 自動車ニュース
新型「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」
新型「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」拡大

英ジャガー・ランドローバーは2018年11月22日(現地時間)、コンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」をフルモデルチェンジし、ロンドンで世界初公開した。

 
2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビューの画像拡大
 
2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビューの画像拡大
 
2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビューの画像拡大
 
2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビューの画像拡大
 
2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビューの画像拡大
 
2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビューの画像拡大
 
2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビューの画像拡大

独特のクーペスタイルをよりモダンなものに進化

2010年に発表、翌2011年に発売されたレンジローバー最小のモデルが「イヴォーク」だ。これまで世界で77万2096台が販売されたラグジュアリーコンパクトSUVが、フルモデルチェンジにより2代目に生まれ変わった。

新型は、ひと目でイヴォークとわかる独特のクーペスタイルを受け継ぎながら、さらにモダンで精緻なデザインにまとめ上げられている。よりスリムになったヘッドランプとテールランプ、ボディーにすっきりとおさまる収納式のドアハンドルが新型を特徴づける一方、大きく張り出した前後フェンダーがサイドビューの力強さを際立たせている。

インテリアは、引き続き水平基調のコックピットを採用しながら、デュアルタッチスクリーンシステムの「タッチプロデュオ」やフルデジタルメーター、さらには液晶ディスプレイを用いたリアビューミラー「クリアサイト」、車両前方下部を上部タッチスクリーンに映し出す「グランドビュー」機能などにより、先進的なイメージに生まれ変わっている。

新型イヴォークのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4371×1904×1649mmで、初代に比べて全長、全幅が拡大する一方、全高は低められている。ホイールベースは21mm伸びて2681mmとなり、これにより後席のスペースが拡大されたのはうれしいところだ。ラゲッジスペースも旧型に比べて約1割増の591リッターを確保。40:20:40の3分割可倒式のリアシートを倒せば、1383リッターまで荷室を拡大することも可能だ。

幅広いモデルにマイルドハイブリッド機構を採用

パワーユニットには2リッター直列4気筒ターボの「インジニウム」エンジンを採用。ディーゼルが3種類(150ps/180ps/240ps)、ガソリンが3種類(200ps/249ps/300ps)用意される。このうち、150psのディーゼルエンジンは5段MTのFF仕様。他は9段オートマチックと4WDが組み合わされることに加えて、ベルト駆動のスタータージェネレーターと48V電源システムを用いたマイルドハイブリッドシステムが搭載される。これにより、車速17km/h以下でのエンジンストップやモーターによるエンジンアシストなどが可能となり、燃費の改善が期待できる。また、発売から1年ほどで3気筒エンジンを積むプラグインハイブリッド車も追加される予定だ。

また、シャシーにはランドローバーの新しい横置きエンジン用プラットフォームである「プレミアム トランスバース アーキテクチャー」を採用。これにより、旧型に比べてボディー剛性が13%向上している。サスペンションは前:マクファーソンストラット、後:マルチリンク。オフロード性能も考慮しており、212mmの最低地上高を確保。アプローチアングルとデパーチャーアングルはそれぞれ25°と30.6°で、渡河性能は従来の500mmから600mmへと向上している。

4WDシステムには、オンロード走行時に後輪への動力伝達をカットして燃費向上を図る、第2世代の「アクティブドライブライン」を採用。走行状況にあわせてエンジン、トランスミッション、サスペンションなどの制御を最適化する「テレインレスポンス2」は、4WDモデルに標準で搭載される。

日本における予約受注の開始や発売の時期は、今後順次アナウンスされる予定。導入モデルのラインナップと価格は以下の通り。

【2リッターディーゼルエンジン(180ps)搭載モデル】

  • レンジローバー イヴォーク:523万円
  • レンジローバー イヴォークS:591万円
  • レンジローバー イヴォークSE:667万円
  • レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC S:624万円
  • レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC SE:700万円
  • レンジローバー イヴォーク ファーストエディション:821万円

【2リッターガソリンエンジン(200ps)搭載モデル】

  • レンジローバー イヴォーク:461万円
  • レンジローバー イヴォークS:528万円
  • レンジローバー イヴォークSE:605万円

【2リッターガソリンエンジン(249ps)搭載モデル】

  • レンジローバー イヴォークSE:646万円
  • レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC S:602万円
  • レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC SE:679万円
  • レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE:747万円
  • レンジローバー イヴォーク ファーストエディション:799万円

【2リッターガソリンエンジン(300ps)搭載モデル】

  • レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC S:656万円
  • レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC SE:733万円
  • レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE:801万円

(文=生方 聡)
 

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビュー 2018.11.23 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーが新型「レンジローバー イヴォーク」を発表した。デザインは従来モデルのクーペスタイルをよりモダンに進化させたもの。シャシーには新世代のエンジン横置きプラットフォームを採用しており、将来的にはPHEVの導入も予定している。
  • 新型「レンジローバー イヴォーク」、11月22日に世界初公開 2018.11.15 自動車ニュース 英ランドローバーが、2018年11月22日の新型「レンジローバー イヴォーク」の世界初公開に合わせ、ロンドンにインスタレーションアートを展示した。新型イヴォークのデザインチームが製作を手がけたもので、ワイヤーによって同車のスタイリングが表現されている。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.4 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、同社史上最強のSUVが「レンジローバー スポーツSVR」である。従来モデルを出力で25ps上回る、過給機付き5リッターV8エンジンの実力を確認する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • 第114回:アクアだ~い好き♡! 2018.12.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第114回は「アクアだ~い好き♡!」。発売から7年たった今も、売れ続ける「トヨタ・アクア」。4年間愛車として所有した筆者が最新モデルにプチ試乗、“我が愛するアクア”はどう変わっていたのか!?
ホームへ戻る