メルセデスAMG G63(後編)

2018.12.06 谷口信輝の新車試乗 最高出力585psのハイパフォーマンスSUV「メルセデスAMG G63」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。旧型には難色を示した谷口が、2代目となる新型に対して好印象を抱いたのはなぜなのか……?

ポイントは「インフォメーション」

新型メルセデスAMG G63に試乗してステアリングのレスポンスやリニアリティーに称賛の言葉を贈った谷口信輝。これまで激しく糾弾していた旧型とは180度異なる評価だが、これにはステアリングからもたらされるインフォメーションが豊かになったことも大いに関係していたようである。

「前編でも言いましたが、旧型の足まわりは、まるで途中にいくつも豆腐が入っているみたいで、ここで大切なロードインフォメーションが遮断されていました。オフロード走行に伴うショックを吸収するには必要だったのでしょうが、クルマとの会話をなにより大切にする僕には、これがガマンできなかった。」

「ところが新型は、豆腐じゃなくてブッシュを使っている。もちろん、豆腐というのは『なにか柔らかいもの』を指す比喩ですよ。でも、僕にはそんな風に感じられたんです。一方、ちゃんとしたブッシュを使った新型ではロードインフォメーションがしっかりと伝わってくる。だからクルマとの会話が楽しめる。これが僕にはとても大切なんです。おかげで、いままでは完全に圏外な存在だったGクラスが、新型になった途端、もうバリバリ4本アンテナが立っている状態になった(笑)。本当にこれ、フツーのクルマになりましたね。いや、本当にいい意味で……」

あまりにハンドリングの感触がよかったために、気をよくした谷口は限界近いコーナリングまで試すようになった。
「お、意外とスタビリティーコントロールの介入は遅めですね。ちょっとタイヤが滑り始めるくらいのところまで許してくれる。少しだけタイヤを滑らせる走り方は、オフロードでトラクションを確保するにも重要なのかもしれませんね」

やがて谷口はこんな指摘をした。
「このクルマって、ドライバーの視点が高いですね。なんか、周囲を見下ろしている感じ。外から見たときはあんまり感じなかったんですが、運転席に腰掛けるとまるでバスに乗っているみたいですね」

 ただし、それを短所とは谷口は思っていない様子だった。
「不満じゃありませんよ。むしろ楽しい。大きいクルマに乗っているというわくわく感がありますね。街を走っているときも、自分の前の前のクルマまで見えるから、きっと楽じゃないですか」

 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
  • DS 3クロスバックE-TENSEグランシック(FWD)【試乗記】 2021.2.13 試乗記 フランス生まれの都市型EV「DS 3クロスバックE-TENSE」が上陸。DSブランドならではの先進技術とエレガンスを注ぎ込んだというコンパクトSUVは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 上級グレード「グランシック」で試した。
ホームへ戻る