第114回:アクアだ~い好き♡!

2018.12.04 カーマニア人間国宝への道

アクアはカーマニアに刺さる!

近所の東京トヨペット店に自転車で出撃した私は、兄弟車である「ノア/ヴォクシー」と合計すれば日本で2番目に売れている「エスクァイア」に試乗し、その完成度の高い冷蔵庫ぶりに激しい空虚感を抱いた、というところまで書いた。

このままでは帰れない。まだオレは何も得ていない! このままじゃ、悲しくて死んでしまう! 少しは心に響くクルマに乗らないと! 何か乗せて~!

清水(以下 清):あの~、「アクア」の試乗車はある?

担当者(以下 担):ありますよ。「クロスオーバー」っていうグレードですけど。

アクアは、海外では「プリウスC」の名前で販売されていて、一応グローバルモデル。それでいて国内でも9番目に売れているという(筆者集計)、希少なモデルだ。

かくいう私、アクアの発売当日、このディーラーに朝イチで並んで予約を入れ(並んだのはオレのみ)、4年間家族のゲタとして使い倒した経験を持っている。細かい不満はいろいろあったが、相当いいクルマだった。

これはカーマニア的な皮肉とかではまったくなく、アクアにはカーマニア的に刺さる部分が大いにあって、非常に愛着を感じていたのだ。マジで。

そんなアクアも、発売からすでに7年。私が東京トヨペット店に並んだのが7年も前のことなのかと思うと光陰矢の如しだが、アクアは7年たってもまだ売れているのだからすごいじゃないか!

近所の東京トヨペット店に出撃!
近所の東京トヨペット店に出撃!拡大
トヨタ・ノア
トヨタ・ノア拡大
トヨタ・エスクァイア
トヨタ・エスクァイア拡大
「アクア」発売当日にディーラーに並んだ筆者。
「アクア」発売当日にディーラーに並んだ筆者。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • 「トヨタ・スープラ」が17年ぶりに復活 2019.5.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年5月17日、FRスポーツカー「スープラ」の新型を発表。同日、国内での販売を開始した。3リッター直6ターボと2リッター直4ターボを搭載する、全3グレードがラインナップされる。
  • BMW 750Li xDrive(4WD/8AT)/745Le(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.16 試乗記 マイナーチェンジされた「BMW 7シリーズ」に試乗。より存在感を増した“キドニーグリル”の大きさも気になるところだが、その進化の本質は“バイエルンのエンジン工場”ならではのパワートレインの洗練にあった。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA200d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
ホームへ戻る