ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表

2018.11.27 自動車ニュース
ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル
ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル拡大

英ベントレーは2018年11月26日(現地時間)、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。

 
ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表の画像拡大
 
ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表の画像拡大
 
ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表の画像拡大
 
ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表の画像拡大
 
ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表の画像拡大
 
ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表の画像拡大
 
ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表の画像拡大

日本での価格は2818万円、2019年秋の納車開始を予定

コンチネンタルGTコンバーチブルは、3代目にあたる現行型「コンチネンタルGT」をベースとした、4シーターのオープントップモデルである。

ファブリック製のルーフはワンタッチで操作可能となっており、開閉に要する時間は19秒。車速が50km/h以下であれば、走行中でも操作が可能となっている。ルーフの色は全7色で、英国の伝統的なツイード模様に現代的なエッセンスをプラスしたデザインも採用。遮音性の高さも特徴で、一般的な巡行速度での騒音は先代モデルより3デシベル低減しているという。

オープン走行時の快適性も高められており、ヒーター付きコンフォートシートには、温かさと静粛性を高めた新開発のネックウオーマーを採用。シートやステアリングホイールに加え、アームレストにもヒーターを装備している。

このほかにも、ダッシュボードにはシンプルなウッドパネルと3つのアナログメーター、12.3インチの高性能タッチスクリーンを備えた、ロータリー式の3面ユニット「Bentreyローテーションディスプレイ」を搭載。音響機器には2200W の出力を発生し、18基のスピーカーを備えたNaimのオーディオシステムをはじめ、3種類のシステムが用意されている。

また、内外装の仕様にみる豊富なバリエーションも特徴で、ボディーカラーにはオプションやフルオーダーのカラーマッチングサービスを除いても17種類の色を用意。インテリアについても、ルーフライニングは8色、カーペットは15種類、ウッドパネルは8種類、レザーは15種類の中から選択可能となっている。

運動性能に関する点では、プラットフォームが新世代に“代替わり”したことで、ねじり剛性が5%向上したほか、20%におよぶホワイトボディーの軽量化も実現。パワープラントは最高出力635ps、最大トルク900Nm を発生する6リッターW12ツインターボエンジンと8段デュアルクラッチ式ATの組み合わせで、駆動システムには走行状況に応じて前後のトルク配分が変化する、アクティブフルタイム4WDを採用している。これにより、新型コンチネンタルGTコンバーチブルは、0-100km/h加速が3.8秒、最高速が333km/hという動力性能を実現しているという(本国仕様)。

日本における価格は2818万円。デリバリー開始は2019年第3四半期の予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
コンチネンタルGTコンバーチブル, ベントレー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.3.12 試乗記 「ベントレー・コンチネンタルGT」をベースとしたオープントップモデルが、3代目にモデルチェンジ。名称も新たに「GTコンバーチブル」となった4シーターフルオープンは、どのような進化を遂げているのか? スペインはアンダルシアで西川 淳が試した。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル 2018.11.27 画像・写真 英ベントレーは2018年11月26日(現地時間)、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。先代と同様にファブリック製のルーフを採用した、ラグジュアリーオープンモデルを写真で紹介する。
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2019.3.9 試乗記 ジャガーのエントリーSUV「Eペース」に試乗。舞台として選ばれたのは冬の長野・白馬村。冬季オリンピックが開催されたこの地で、同車自慢の4WD性能を試すはずだったのだが……。前日の雨で路面から雪は消えていた。
  • ポルシェが新型「911カブリオレ」の価格を発表 2019.2.13 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2019年2月12日、同年1月9日にデビューした新型「911カブリオレ」の日本での価格を発表するとともに、予約受注を開始した。後輪駆動モデルの「911カレラSカブリオレ」と、四輪駆動の「911カレラ4Sカブリオレ」をラインナップする。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.29 試乗記 新開発された「MSB」プラットフォームを採用する新型「ベントレー・コンチネンタルGT」の実力を探るべく、高速道~ワインディングロードへと連れ出した。一新されたシャシーと4WDシステムは、ラグジュアリー2ドアクーペにどんな走りをもたらすのか?
ホームへ戻る