苦肉の策で生まれた低車高

「トヨタ・タウンエース」や「三菱デリカ スターワゴン」など、キャブオーバー型のワンボックスカーは以前から存在していた。ただ、それらのモデルは商用車がベースである。乗り心地や高級感の面でセダンと大きな差があったことは否定できない。変化が見えてきたのは1990年のことで、この年にトヨタが「エスティマ」、マツダが「MPV」と、北米向けに生産していたモデルを国内に導入した。3列シートの広いスペースを生かしたファミリーカーが、ようやく評価を高めてきた。

その頃のホンダは、売れ筋となりつつあったSUVやミニバンをラインナップに持っていなかった。以前から生産していたセダンやクーペが、次第に売れ行きを落としていた時期である。救世主のように現れたのがオデッセイだった。大きな期待を背負って登場したわけではない。発売当初の月間販売目標台数は4000台にすぎなかった。しかし、すぐに生産計画を見直してラインを増強する必要に迫られることになる。

ベースとなったのは、「アコード」のプラットフォームである。新たに一から設計を始める余裕は、時間的にも資金的にもなかったのだ。生産ラインもアコードと同じものを使うので、サイズに制約が生じる。低く構えたフォルムやヒンジドアは、苦肉の策で生じたものだったのだ。背が高くてドアがスライドするという“ミニバンらしさ”を欠いたことで、商品力が低いとみなされたのは仕方がない。しかし、弱点と考えられた部分がむしろヒットの要因になったのである。

ミニバンが登場して間もない頃で、乗用車感覚を求めるユーザーはまだまだ多かった。長年セダンに乗ってきたドライバーにとって、高い重心でコーナリング時にふらつくのは不安でしかない。オデッセイは、運転席に座っている限りミニバンであることを意識しないですんだのである。

タフな4WD車の設定もあって人気を博した「三菱デリカ スターワゴン」も、商用ワンボックスの「デリカ」をベースとしたモデルだった。
タフな4WD車の設定もあって人気を博した「三菱デリカ スターワゴン」も、商用ワンボックスの「デリカ」をベースとしたモデルだった。拡大
1990年に日本に導入された初代「エスティマ」。ミドシップのエンジンレイアウトを採用した先進的なモデルで、「天才タマゴ」のキャッチフレーズとともに注目を集めた。
1990年に日本に導入された初代「エスティマ」。ミドシップのエンジンレイアウトを採用した先進的なモデルで、「天才タマゴ」のキャッチフレーズとともに注目を集めた。拡大
1994年10月に登場した初代「ホンダ・オデッセイ」。1645mmという低めの車高や、他のミニバンとは一線を画す操縦安定性の高さが特徴だった。
1994年10月に登場した初代「ホンダ・オデッセイ」。1645mmという低めの車高や、他のミニバンとは一線を画す操縦安定性の高さが特徴だった。拡大
初代「オデッセイ」は、プラットフォームや生産ラインを「アコード」(写真)と共有していた。
初代「オデッセイ」は、プラットフォームや生産ラインを「アコード」(写真)と共有していた。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る