第115回:トヨタさまの猛省を促したいでちゅ

2018.12.11 カーマニア人間国宝への道

カーマニアだけが知らない世界

近所の東京トヨペットで、「アクア クロスオーバー」の試乗車に乗り、「やっぱり『アクア』だ~い好き♡」と思った私だったが、担当者から「アクアからアクアに乗り換えるお客さま、多いんですよ」という話を聞いて、驚倒したところまで書いた。

いったいナゼ、多くの国民の皆さま(そんなに多くはないと思うけど)は、わざわざアクアからアクアに乗り換えるのか!?

いや、考えてみれば自分も、「フェラーリ328GTB」から「328GTS」に乗り換えたことはある。確かにあるが、あの時は日本仕様と欧州仕様のエンジンフィールのあまりの違いに驚倒し、買い換えないわけにはいかなかったのだ。

さらに言えば、現在乗ってるのも328GTS(通算3台目)。さらにさらに言えば、「512TR」も都合3台乗り換えている。

「TR」の場合、最初は赤で、半年後に白の出物があったのでそれに乗り換えたのでした。んで10年くらいしてもう一度買いました。今度はワインレッドでした。

しかしそれとこれとは違う! フェラーリは人生を賭ける対象だからして、色違いとかエンジンフィール違いだけで十分に買い換える理由になるが、アクアからアクアじゃマニアックすぎませんか!? 

担当者(以下 担):ひとつには、残価設定ローンのお客さまのケースがありますね。

清水(以下 清):えっ?

近所の東京トヨペット店にて。
近所の東京トヨペット店にて。拡大
トヨタ・アクア クロスオーバー
トヨタ・アクア クロスオーバー拡大
筆者がかつて所有していた1台目の「フェラーリ328」となる「328GTB」。
筆者がかつて所有していた1台目の「フェラーリ328」となる「328GTB」。拡大
筆者がかつて所有していた2台目の「フェラーリ328」となる「328GTS」。(写真=池之平昌信)
筆者がかつて所有していた2台目の「フェラーリ328」となる「328GTS」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る