日産が「GT-R50 by Italdesign」の受注を開始

2018.12.07 自動車ニュース
日産から発表された「GT-R50 by Italdesign」の市販モデルデザイン。
日産から発表された「GT-R50 by Italdesign」の市販モデルデザイン。拡大

日産自動車は2018年12月7日、「日産GT-R50 by Italdesign」の市販モデルのデザインを公開し、あわせて同車の受注を開始した。生産台数はすでに発表されているように50台の限定となり、2019年から2020年にかけて納車する。

ベースは「GT-R NISMO」。フロントに搭載される3.8リッターV6ツインターボエンジンは、ベースモデルから120psと128Nm上乗せされた最高出力720ps、最大トルク780Nmを発生する。
ベースは「GT-R NISMO」。フロントに搭載される3.8リッターV6ツインターボエンジンは、ベースモデルから120psと128Nm上乗せされた最高出力720ps、最大トルク780Nmを発生する。拡大
「GT-R50 by Italdesign」の内外装のデザインは、日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当。開発と設計、製造はイタルデザインが担当している。
「GT-R50 by Italdesign」の内外装のデザインは、日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当。開発と設計、製造はイタルデザインが担当している。拡大

GT-R50 by Italdesignは、日産「GT-R」は2019年に、イタルデザインが2018年に生誕50周年を迎えることを記念し、「GT-R NISMO」をベースに共同開発されたモデル。開発と設計、製造はイタルデザインが、内外装のデザインは日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当した。

プロトタイプモデルのボディーカラーは特別なグレー塗装仕上げにゴールドのアクセントが用いられていたが、実際の限定生産モデルではボディーカラーのほか、インテリアカラーもユーザーが好みの色を選択することができる。価格は90万ユーロ(約1億1700万円)からとなり、この金額にオプションは含まれていない。

(webCG)

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • 第379回:日本一、GT-Rを販売する男がそこにいる!
    日産ハイパフォーマンスセンター・亀戸店に潜入取材した
    2016.11.21 エディターから一言 実は「日産GT-R」を購入できる販売店は、日本の日産ディーラー全体の5%に満たない。その限られた販売店は「日産ハイパフォーマンスセンター」を名乗る。われわれ取材班は、その販売現場を取材した。日本一GT-Rを売る男とは?
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
ホームへ戻る