第116回:思えば初代NSXは爆安だった

2018.12.18 カーマニア人間国宝への道

新型NSXは人気ない!?

「NSX」がマイナーチェンジを受けた! うおおおおおお!

取りあえず冒頭で元気を出してみたが、NSXに対して、カーマニアの元気は上がっていないように感じられる。

いや、一般ピープルの皆さまはけっこう盛り上がってましたよ! 箱根でNSXに乗ってたら、多くの観光客が注目してくれました。ただ、声をかけてくれた人が一様に口にしたのは「珍しいですね~」という言葉だった。

確かに新型NSXはとっても珍しい。個人的には、広報車以外の新型NSXはまだ一度も見ていない気がする。すでに国内でも400台売れたはずなのに、ここまで猛烈に珍しいとは! どーしてどーして!?

まあ、理由はともあれ、注目してくれるのはありがたいことです。でもやっぱり盛り上がってはいない。私の周囲からは、「すごいな~」「欲しいな~」みたいな前向きな声が、ひとつも聞こえてこないのだ。

『ベストカー』副編のイーボシ君は、元NSXオーナーだ。もちろん初代の方の。

彼に、新型NSXについてどう思うか聞いてみた。

「いや、好きですよ僕は。それは初代と同じ理由で、僕はあんまり目立つスーパーカーは好きじゃないんです。自己主張の弱い、地味なのがいいんです。だから新型NSXも好みです。もちろん買う気はコレッポッチもありませんけど。買えるわけないですし」

そしてこう付け加えた。

「それにしても、なんでこんなに人気ないんでしょうね、新型NSX。僕の周囲で、あれが好きだっていう人、ひとりもいません」

やっぱりですか。

マイナーチェンジを受けた新型「ホンダNSX」と。(写真=池之平昌信)
マイナーチェンジを受けた新型「ホンダNSX」と。(写真=池之平昌信)拡大
『ベストカー』副編のイーボシ氏と吉野家にて。
『ベストカー』副編のイーボシ氏と吉野家にて。拡大
初代「ホンダNSX」。
初代「ホンダNSX」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2019.1.22 試乗記 3.5リッターV6ツインターボエンジン+トリプルモーターを搭載したホンダのスーパースポーツ「NSX」が、デビュー以来初のマイナーチェンジを受けた。新たに開発責任者に日本人を据えたことで、走りの味付けはどのように変化したのだろうか。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 3基のモーターと3.5リッターツインターボエンジンからなる、独自のハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。開発テーマである「New Sport eXperience=新たな走りの喜び」とはどんなものなのか。その出来栄えを、オープンロードで確かめた。
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • 第41回:ジャガーIペース(後編) 2019.7.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 他のどんなクルマにも似ていないデザインで登場した、ジャガー初の電気自動車「Iペース」。このモデルが提案する“新しいクルマのカタチ”は、EV時代のメインストリームとなりうるのか? 明照寺彰と永福ランプ、webCGほったが激論を交わす。
ホームへ戻る