「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム

かつて“バイク少年”だった君へ 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツモデル「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが、憧れを投影して仕上げた一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。

バイク少年の記憶に刻まれた特別な黄色

この黄色いヤマハを見て、「おおっ!」と腹の底から感嘆のうなりを上げる人もいれば、「だから?」と何の感慨も覚えない人もいるだろう。その違いは二輪経験と世代の記憶によるものなので、まずは「だから?」という人に、このカスタムバイクにわれわれが感嘆するわけを説明したい。

ヤマハのロードスポーツモデル「YZF」シリーズの“末っ子”に当たるYZF-R25。それを所有する一人のオーナーが、アメリカのパーツメーカーGG Retorofitz社が販売している「YZF-R3」用の外装キットを発見したところから話は始まる。

GG Retorofitz社の外装キットは、エッジが効いたR25のシルエットを、懐かしさが漂うアッパー&シートカウルとタンクカバーによってレトロモダン風に仕立てるというもの。つまり、見た目はまったく別物になる。それならとモチーフに選ばれたのが、黄色地に黒のストロボラインが入った「インターカラー」だった。

インターカラーとは、ヤマハのアメリカ法人がレース活動に投入したマシンに用いた、いわばファクトリーカラーだ。特徴的なカラーリングなので、ヤマハはアニバーサリーイヤーに発表した市販車にもインターカラーを使ってきた。特にこのデザインをファンに焼き付けたのが、MotoGPの前身たるロードレースの最高峰、ロードレース世界選手権の500ccクラスを1978年から3連覇した、ケニー・ロバーツのYZR500だった。

東京・久留米のバイクショップ、ナインゲートが手がけた「ヤマハYZF-R25」。1978年仕様の「YZR500」をモチーフにしたものだ。
東京・久留米のバイクショップ、ナインゲートが手がけた「ヤマハYZF-R25」。1978年仕様の「YZR500」をモチーフにしたものだ。拡大
「インターカラー」とは、かつてヤマハがロードレース世界選手権のマシンに使用していたカラーリング。ファンの間ではケニー・ロバーツの活躍とともに記憶されている。
「インターカラー」とは、かつてヤマハがロードレース世界選手権のマシンに使用していたカラーリング。ファンの間ではケニー・ロバーツの活躍とともに記憶されている。拡大
特徴的な外装には、アメリカのパーツメーカー、GG Retorofitzのカウルやタンクカバーを使用している。
特徴的な外装には、アメリカのパーツメーカー、GG Retorofitzのカウルやタンクカバーを使用している。拡大
<プロフィール>
桐島ローランド 
1968年横浜生まれ。ニューヨーク大学芸術学部を卒業後、写真家としてのキャリアをスタート。多くのファッション撮影や広告撮影、ムービー作品の制作などを手がけている。バイクにも精通しており、2007年にはダカールラリー完走を果たした。
<プロフィール>
	桐島ローランド 
	1968年横浜生まれ。ニューヨーク大学芸術学部を卒業後、写真家としてのキャリアをスタート。多くのファッション撮影や広告撮影、ムービー作品の制作などを手がけている。バイクにも精通しており、2007年にはダカールラリー完走を果たした。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヤマハSR400(MR/5MT)【レビュー】 2019.3.2 試乗記 一時は販売中止に至るも、みごと復活を遂げた「ヤマハSR400」。排ガス対策が施された最新型は、走りに制約を受けるどころか、驚くほど官能的なライディングを楽しめるオートバイになっていた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.27 試乗記 およそ70年の歴史を持つ、本格クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。雪道を行く最強グレード「ルビコン」の走りは、ほかのクルマでは得がたい機能性を感じさせるものだった。
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • ホンダ・インサイトLX(FF)【試乗記】 2019.3.18 試乗記 1999年の初代モデル誕生以来、ホンダ製ハイブリッド車の歴史とともに歩んできたモデル名「インサイト」が復活。「シビック」由来のプラットフォームに独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した、新しい4ドアセダンの出来栄えを試す。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 どんなに代を重ねようとも、出自はオフロード1丁目1番地。ブランド設立から四駆一筋70年もの歴史を持つランドローバー自慢の4WD性能を試すために、「ディスカバリー」のディーゼルモデルで冬の信州路を走った。
ホームへ戻る