オッサンは細かいことにうるさい

――パーツ交換は楽だったとおっしゃいましたが、苦労されたのはどこですか?

細井:やはりインターカラーの再現です。静岡のヤマハ本社にある現車のチェックはもちろん、雑誌やネットの写真から外装キットに適したストロボラインの尺を決めるのは本当に大変でした。

桐島:本物のYZR500とはサイズもデザインも違うからね。

細井:この黄色も、ペイントメーカーにはない色でした。それでもやはりインターカラーに思いを寄せる方はたくさんいらっしゃいますから、できるだけ本物らしくしたかった。変に時間がかかってしまったのはウインカー選びでした。元のYZRにはない保安部品をいかに無理なく収めるかが難しかった。いろんなウインカーを取り寄せて、ああでもないこうでもないと、丸一日を費やしてしまいました。

桐島:わかる。僕ら日本のオッサンは、細かいことにうるさいからね(笑)。

――実際のところ、桐島さんはこのカスタムをどう感じましたか?

桐島:最近のバイクもスクランブラーを中心にネオクラシックがはやってるでしょう。僕はそれ嫌いじゃない。というのは、70~80年代って記憶に強烈に残る優れたものが多くて、今見てもやっぱりカッコいいじゃないですか。音楽もそう。クイーンの映画が大ヒットしているのも世代の憧れが反映された結果だと思う。ただ、その勢いでオリジナルの古いバイクに手を出すと大変なことになるんですよ。僕もノートンやトライアンフに乗ったけれど、止まらないし曲がらないし、かからない。

細井:エンジンが……。

桐島:そうそう。それで乗らなくなる。そうなっちゃうなら、最新のバイクを懐かしいテイストに変えたほうが楽しくて楽。50歳にもなると慢性的に首や肩が痛いし、人生もラストスパートに入ったから、なるべく楽しい時間を送りたいよね。楽に乗りたいと思えるバイクが正義だよ。

バイクについて語り合う桐島ローランド氏(手前)と、ナインゲートの細井啓介代表(奥)。
バイクについて語り合う桐島ローランド氏(手前)と、ナインゲートの細井啓介代表(奥)。拡大
細井氏が特にこだわったというのがイエローのカラーリング。オリジナルの「YZR500」には装着されなかったウインカーについても、形状や取り付け位置などでおおいに悩んだという。
細井氏が特にこだわったというのがイエローのカラーリング。オリジナルの「YZR500」には装着されなかったウインカーについても、形状や取り付け位置などでおおいに悩んだという。拡大
2ストロークエンジンの「YZR500」が持つ4本出しのチャンバーはさすがに再現できなかったが、代わりにアクラポヴィッチのGPタイプのマフラーが装着されている。
2ストロークエンジンの「YZR500」が持つ4本出しのチャンバーはさすがに再現できなかったが、代わりにアクラポヴィッチのGPタイプのマフラーが装着されている。拡大
スクランブラーを中心に盛り上がりを見せるバイクのネオクラシックブームについて語る桐島ローランド氏。「とはいえ、その勢いで古いバイクに手を出すと大変なことになるんですよね」。
スクランブラーを中心に盛り上がりを見せるバイクのネオクラシックブームについて語る桐島ローランド氏。「とはいえ、その勢いで古いバイクに手を出すと大変なことになるんですよね」。拡大
クラシックバイクを何台も所有してきた桐島ローランド氏だが、この「YZF-R25」のように、最新のモデルをベースとしたクラシックカスタムにも肯定的だった。
クラシックバイクを何台も所有してきた桐島ローランド氏だが、この「YZF-R25」のように、最新のモデルをベースとしたクラシックカスタムにも肯定的だった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヤマハSR400(MR/5MT)【レビュー】 2019.3.2 試乗記 一時は販売中止に至るも、みごと復活を遂げた「ヤマハSR400」。排ガス対策が施された最新型は、走りに制約を受けるどころか、驚くほど官能的なライディングを楽しめるオートバイになっていた。
  • 新型「トヨタRAV4」の日本仕様の姿が明らかに 2019.2.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年2月20日、同社のオフィシャルウェブサイトで新型「RAV4」の日本仕様のプロトタイプモデルを初公開した。内外装の画像のほか、日本では2019年春ごろの発売予定であること、取扱店舗がカローラ店およびネッツ店であることなどが確認できる。
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • ホンダ・インサイトLX(FF)【試乗記】 2019.3.18 試乗記 1999年の初代モデル誕生以来、ホンダ製ハイブリッド車の歴史とともに歩んできたモデル名「インサイト」が復活。「シビック」由来のプラットフォームに独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載した、新しい4ドアセダンの出来栄えを試す。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 どんなに代を重ねようとも、出自はオフロード1丁目1番地。ブランド設立から四駆一筋70年もの歴史を持つランドローバー自慢の4WD性能を試すために、「ディスカバリー」のディーゼルモデルで冬の信州路を走った。
ホームへ戻る