アルピーヌA110ピュア(前編)

2018.12.27 谷口信輝の新車試乗 今回ワインディングロードへと連れ出したのは、フランス生まれのライトウェイトスポーツカー「アルピーヌA110」。その走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどのように評価する?

単なる復刻モデルにあらず

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは、昨年復活を遂げたばかりのアルピーヌが放つA110である。

『webCG』読者の多くがアルピーヌA110の名を耳にしたことがあるだろう。1955年に創業した同社は、ルノーのファミリーカーをベースにしたスポーツカー「A106」の生産を1956年に開始。好評を得ると、1962年にはその発展系であるA110を投入。これにより、アルピーヌはスポーツカーメーカーとして確固たる地位を築いたといっていい。

A110がモンテカルロラリーで優勝するなどモータースポーツ界でも成功をおさめる一方で、これに目をつけたルノーがアルピーヌを買収、1973年にはその傘下に収まる。さらに1976年には「A310 V6」、1991年には「A610」を発表したものの商業的に成功したとはいえず、1995年には惜しまれつつ生産終了に追い込まれてしまう。

その後、ルノー社内では何度もアルピーヌ復活の計画が持ち上がったそうだが、ついに2012年には正式なゴーサインを得て、2016年に業務を再開。2017年にはオリジナルとは別物の“新作A110”を完成させ、日本でも2018年に発売されたというのが、これまでの大まかな流れである。

現代のA110は、軽量かつ空力的なボディー、キャビン後方に搭載したエンジンで後輪を駆動するなどといったコンセプトは引き継ぎつつ、FRP製だったボディーパネルはアルミ製に置き換えられたほか、エンジンはリアマウントからミドシップに変更された。また、A110というモデル名やオリジナルのイメージを受け継いだスタイリングから「A110の復刻版?」とも受け取られがちだが、新生アルピーヌとしては「オリジナルのA110がその後も順調にモデルチェンジを重ねていった末に、2017年デビューの最新作として登場したのが新作A110」という位置づけを想定しているようだ。

 
アルピーヌA110ピュア(前編)の画像拡大
 
アルピーヌA110ピュア(前編)の画像拡大
 
アルピーヌA110ピュア(前編)の画像拡大
 
アルピーヌA110ピュア(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • 2021年1月1日から「アルピーヌA110」が新価格に 2020.12.1 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2020年12月1日、ミドシップスポーツカー「A110」の車両本体価格を2021年1月1日付で改定すると発表した。全モデルとも1.3~1.6%ほどの値上げとなっている。
  • ホンダGB350(5MT)【レビュー】 2021.5.19 試乗記 空冷単気筒エンジンのシンプルなネイキッドモデル「ホンダGB350」。優等生的な出来栄えとリーズナブルな価格を実現したニューモデルに、リポーターが感じたモヤモヤとは? 趣味の乗り物だからこそバイクに求められる+αの魅力について考えた。
  • 世界限定300台の「アルピーヌA110リネージGT 2021」国内導入へ 2021.5.13 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2021年5月13日、快適性と走行性能を高次元でバランスさせたという限定車「アルピーヌA110リネージGT 2021」を、国内で販売する計画を明らかにした。正式発表は同年6月中旬に行われる見込み。
ホームへ戻る