第40回:砂漠の覇者Mitsubishi
「パリダカ」を制したパジェロの苦闘

2019.01.10 自動車ヒストリー 世界一過酷といわれるダカールラリーで、7連覇を含む12度の総合優勝を果たした三菱自動車と、日本人ドライバーとして初優勝を遂げた篠塚建次郎。栄光にいたるまでの砂漠での苦闘の数々を、ダカールラリーの変遷とともに振り返る。

荒れ地を走る過酷なサバイバル

初めてパリ‐ダカールラリーが開催されたのは、1978年の暮れである。パリのシャイヨ宮前の広場から、合わせて200台近くのオートバイと自動車がスタートを切った。ゴールは、海を渡ったアフリカにあった。セネガルの首都ダカールを目指し、約1万2000kmを走る。

ラリーの主催者は、ティエリー・サビーヌというフランス人である。前の年にアビジャン‐ニースラリーに出場した彼は砂漠で遭難しかけて救出され、その経験に感銘を受けた。過酷な環境でサバイバルする素晴らしさを多くの人と共有するため、壮大な計画を構想したのだ。

ラリーという名が付いているが、公道で行われる世界ラリー選手権(WRC)のような競技とは異なるカテゴリーだ。砂漠やジャングルなどの荒れ地を走破する長距離の競技は、ラリーレイド、あるいはカントリーレイドと呼ばれて区別されている。パリダカは世界最大のサハラ砂漠を制覇するコースで、「世界一過酷なモータースポーツ」と称された。

日本では今も「パリダカ」という名で呼ばれることが多いが、現在の名称はダカールラリー、もしくは単にダカールである。パリからスタートするコースで行われたのは、2001年が最後だった。2009年からはダカールとも縁がなくなる。アフリカでは政情不安が続き、競技中にドライバーや関係者がテロ組織から襲撃される事件が相次いだからである。

“世界一過酷なモータースポーツ”といわれるダカールラリー。かつてはフランス・パリを出発してセネガル・ダカールでゴールする、ヨーロッパとアフリカを舞台としたカントリーレイドだったが、現在では南米に舞台を移して行われている。
“世界一過酷なモータースポーツ”といわれるダカールラリー。かつてはフランス・パリを出発してセネガル・ダカールでゴールする、ヨーロッパとアフリカを舞台としたカントリーレイドだったが、現在では南米に舞台を移して行われている。拡大
1982年の大会において、砂漠を行く「ルノー20」。当初のダカールラリーは、市販車に近い車両によって競われていた。
1982年の大会において、砂漠を行く「ルノー20」。当初のダカールラリーは、市販車に近い車両によって競われていた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事