見どころが多いレクサスのデザイン

明照寺:このように、レクサスってデザインのネタがすごく豊富なんですよ。だからデザイナーとしては、いつも楽しく見てますし、すごく参考になります。

永福:そうなんですか!

明照寺:レクサスのデザインには、「こういう造形をやっていいんだ」っていう、ブレイクスルーがいろいろあるんです。ただ、全体の“まとまり”に関しては、「もうちょっとここはこうしたらいいのに」と思うモデルもありますけど。

永福:とにかく、UXの兄貴にあたるNXのデザインは、デザイナーとして高く評価できる、ということですね。

明照寺:そうなんです。で、UXなんですけど、これまでのレクサスよりもボリューム感が強い。面の張り感とか、リアフェンダーの出っ張り感とかもそうですけど、「立体のボリュームで見せよう」としているのが感じられます。

ほった:全幅でいうと、C-HRより45mm大きいですから、ボリュームも多めに盛れることになりますよね。

明照寺:その分、基本の立体構成はシンプルでわかりやすい。そういう意味ではレクサスも、次のステージを探してるのかなと思うんですよ。

永福:今日のお話はちょっと難解だなぁ。

明照寺:(笑)ただ、惜しい点がふたつあります。ひとつは顔まわり。他のレクサスと比べても、あまりグリルやヘッドランプなどの比率が変わらない。このクラスのSUVなら軽快感が欲しいと思うんですけど、その点から見ると、もうちょっとグリルの比率を下げてやってもよかったんじゃないでしょうか。

永福:“レクサスらしさ”を優先した感じはしますね。

明照寺:お客さんからしてみれば、「同じレクサス顔が欲しい」という要望はあるでしょうけど。もうひとつは、レクサスのラインナップの中では一番デザイン的に遊べる立場なので、もうちょっと、何か新しいテーマがあったらよかったな、と思います。

永福:確かに、NXや「RX」より、むしろコンサバに感じました。

他のブランドでは見られない、さまざまな試みが見られるレクサスのデザインは、明照寺氏いわく「非常に見どころが多く、参考になる」ものだとか。
他のブランドでは見られない、さまざまな試みが見られるレクサスのデザインは、明照寺氏いわく「非常に見どころが多く、参考になる」ものだとか。拡大
リアフェンダーを張り出させ、それを強調すべくリアセクションの上部を絞り気味にするなど、「レクサスUX」は基本となる車体の形状そのものに特徴が与えられている。
リアフェンダーを張り出させ、それを強調すべくリアセクションの上部を絞り気味にするなど、「レクサスUX」は基本となる車体の形状そのものに特徴が与えられている。拡大
明照寺:「インテリアについては、前席まわりは上質だけど、後席はドアパネルにソフトパッドを使わないなど、“割り切り”がはっきりしていますね。良いとか悪いとかいう話ではなくて」
明照寺:「インテリアについては、前席まわりは上質だけど、後席はドアパネルにソフトパッドを使わないなど、“割り切り”がはっきりしていますね。良いとか悪いとかいう話ではなくて」拡大
「レクサスUX」のフロントマスク。
「レクサスUX」のフロントマスク。拡大
「レクサスNX」のフロントマスク。顔全体に占めるフロントグリルの比率に注目。L字形のデイライトが分離されている点は大きく異なるものの、全体のイメージはNXも「UX」も変わらない。
「レクサスNX」のフロントマスク。顔全体に占めるフロントグリルの比率に注目。L字形のデイライトが分離されている点は大きく異なるものの、全体のイメージはNXも「UX」も変わらない。拡大
明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • レクサスUX200“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.21 試乗記 コンパクトSUVのカテゴリーは、各ブランドが精鋭を投入するまれにみる激戦区。ここにレクサスは「UX」を送り込んだ。同ブランドのSUVラインナップにおけるボトムも担当するこのニューフェイスは、ライバルとは違うどんな魅力を持っているのか?
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • 感性が磨いたモデューロXの真価 2020.2.10 ホンダ・ヴェゼル モデューロXを体感する<PR> ホンダのコンプリートカー「Modulo X(モデューロX)」のラインナップに、人気のコンパクトSUVをベースとした「ヴェゼル モデューロX」が登場。一般ユーザーを対象とした体感試乗会の会場から、その走りの実力を参加者の声とともにお届けする。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る