大容量の新型バッテリーを搭載した「BMW i3」発売

2019.02.06 自動車ニュース
BMW i3
BMW i3拡大

BMWジャパンは2019年2月6日、電気自動車「BMW i3」に新型のバッテリーを搭載し、同日販売を開始した。

総電力量が33kWhから42kWhに増加した、容量120Ahの新型バッテリーを搭載。
総電力量が33kWhから42kWhに増加した、容量120Ahの新型バッテリーを搭載。拡大

新型リチウムイオンバッテリーは、従来モデル比で約30%拡大した120Ahの容量を持ち、総電力量も33kWhから42kWhに増加している。満充電一回あたりの走行可能距離は、新燃料消費率基準であるWLTCモードで360km、「レンジ・エクステンダー装備車」では466kmになるという。

価格はピュアEVのi3が543万円、i3レンジ・エクステンダー装備車は592万円に改定されている。従来通り、アトリエ(標準装備)/ロッジ/スイートの3つのインテリアデザインパッケージをラインナップしている。

(webCG)

関連キーワード:
i3, BMW, 自動車ニュース

BMW i3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る