クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第1回:認定中古車ジャガーXEの走りを確かめる

このクオリティーでこのプライス 2019.02.20 ジャガー アプルーブドの魅力を知る<PR> 「今すぐ欲しい」「安心で安全な車両に乗りたい」「リーズナブルに購入したい」。そんなわがままをかなえてくれるのが、認定中古車である。国内でも最大級の規模を誇る「ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立」を訪れ、真剣に次期愛車候補を探してみた。

“デモカー”を狙え

モータージャーナリストという仕事柄、話題のモデルにいち早く乗りたいという気持ちから、発売まもない新車を購入することが多い私。しかし、「なにがなんでも新車」とこだわっているわけではなく、これまでにたくさんの中古車も購入してきた。そのなかには認定中古車と呼ばれる輸入車が何台か含まれていて、実はいまの愛車もその一台だ。

私が認定中古車を好んで選ぶのには理由がある。比較的新車に近いクルマが、新車よりもグンと手ごろな価格で手に入ること。そして、購入後の手厚いサポートによって、常に安心のカーライフを送ることができるからだ。

最初の一台はいわゆる“デモカー”落ち、つまり、正規ディーラーがもともと試乗車として用意していたクルマだった。ラインナップのなかでは上級グレードにあたり、魅力的なメーカーオプションを満載しているにもかかわらず、ベースグレードの新車よりも安く、走行距離は1万km未満、登録から1年未満という内容。しかも、めったに出てこないMT仕様ということで、ディーラーを訪れた当日に急いで手付けを打ったのをいまでも覚えている。

そんなすてきな一台に出会えるから、認定中古車はやめられない。

→ジャガー認定中古車の詳しい情報はこちら

→第2回:認定中古車ジャガーXFスポーツブレイクの輝き
→第3回:認定中古車拠点ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立を訪ねる

ジャガーXE 2.0プレステージ
年式:2018年/走行距離:3148km/初度登録年:2018年/車検:2021年6月/保証期限:2021年6月/価格:458万円/販売店:ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立
ジャガーXE 2.0プレステージ
	年式:2018年/走行距離:3148km/初度登録年:2018年/車検:2021年6月/保証期限:2021年6月/価格:458万円/販売店:ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立拡大
フロントまわりに飛び石の跡や目立ったキズなどは確認できなかった。ボディーコンディションは極上と紹介できそうだ。
フロントまわりに飛び石の跡や目立ったキズなどは確認できなかった。ボディーコンディションは極上と紹介できそうだ。拡大
中古車で気になるのが、ランプ類やエンブレム。経年変化などなく、新車同様の輝きを保っていた。
中古車で気になるのが、ランプ類やエンブレム。経年変化などなく、新車同様の輝きを保っていた。拡大
販売車両のボディーカラーは、「シージアムブルー」と呼ばれるメタリックペイント。新車注文時で、13万1000円のオプションとなるものだ。
販売車両のボディーカラーは、「シージアムブルー」と呼ばれるメタリックペイント。新車注文時で、13万1000円のオプションとなるものだ。拡大

人気のXEから魅惑の一台をチョイス

都内に店舗を構えるジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立は、ジャガーの認定中古車拠点としては日本最大級の規模を誇る注目のお店。首都圏に4つの新車拠点を持つジャガー東京の認定中古車店だけにデモカー落ちも多く、都内だけでなく、日本全国からたくさんの問い合わせがあるという。

ジャガーだけでも50台近くある在庫車のなかから、私が今回試乗車として選んだのが、ミドルサイズのスポーツサルーンとして高い人気を誇る「XE」。XEだけでも約20台と豊富な在庫を持つ同店だけにより取り見取りだが、ブルー好きの私としては「シージアムブルー」のメタリックカラーが鮮やかな「XEプレステージ」に目がくぎ付けになった。

XEプレステージは、200psを発生する2リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載するラグジュアリー志向のグレードで、レザーシートを標準装着するなど、同じエンジンを積む「ピュア」に比べて充実した装備が魅力。プライスボードを見ると、初度登録は2018年6月で、走行距離は3200kmとごくわずか。新車価格は548万円からだが、この車両には458万円というプライスが掲げられている。

→ジャガー認定中古車の詳しい情報はこちら

→第2回:認定中古車ジャガーXFスポーツブレイクの輝き
→第3回:認定中古車拠点ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立を訪ねる

ドアからダッシュボードにかけて、包み込まれるようなデザインを採用する「XE」。ほとんど新車のような状態を保っていた。
ドアからダッシュボードにかけて、包み込まれるようなデザインを採用する「XE」。ほとんど新車のような状態を保っていた。拡大
本革のフロントシートに、気になるヤレや表皮のキズなどはなかった。
本革のフロントシートに、気になるヤレや表皮のキズなどはなかった。拡大
リアシートは、本革となる表皮の状態も良く、ほとんど使用感がなかった。
リアシートは、本革となる表皮の状態も良く、ほとんど使用感がなかった。拡大
販売車両には、ジャガー各モデルに使用できるハンガーも備わっていた。個体によっては、こうしたアクセサリーがついているのも、認定中古車を購入する楽しみのひとつ。
販売車両には、ジャガー各モデルに使用できるハンガーも備わっていた。個体によっては、こうしたアクセサリーがついているのも、認定中古車を購入する楽しみのひとつ。拡大

新車とみまがうばかりの美しさ

早速外観をチェックすると、あでやかに光を反射するブルーのボディーは、新車とみまがうばかりの美しさだ。ボディーだけでなく、ホイールにも目立つような傷はなく、タイヤも新品同様の状態である。

カタログを見ると、18インチのアルミホイールとタイヤはメーカーオプションで、標準から1インチアップ。さらに、人気のスライディングパノラミックルーフやプライバシーガラスに加えて、レーンキープアシスト&ドライバーコンディションモニター、ブラインドスポットアシスト&リバーストラフィックディテクションといったセーフティー機能など、「あったらいいな」というメーカーオプションが装着されていて、メタリックのボディーカラーをあわせるとオプション価格は優に70万円を超えていて、なんともお買い得なクルマだった。

黒を基調としたインテリアも、ほぼ新車の状態に保たれている。レザーシートやステアリングホイールに汚れや擦れはなく、オドメーターの数字を見なければ、「おろしたての新車」といわれても信じてしまいそうだ。

→ジャガー認定中古車の詳しい情報はこちら

→第2回:認定中古車ジャガーXFスポーツブレイクの輝き
→第3回:認定中古車拠点ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立を訪ねる

トルク感たっぷりの、スポーツサルーンの名にふさわしい爽快な加速が楽しめる「XE」。
トルク感たっぷりの、スポーツサルーンの名にふさわしい爽快な加速が楽しめる「XE」。拡大
「XE 2.0プレステージ」に搭載される2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボエンジン。最高出力200ps、
最大トルク320Nmという実力。
「XE 2.0プレステージ」に搭載される2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボエンジン。最高出力200ps、
	最大トルク320Nmという実力。拡大
「ジャガーXE」では全車8段ATを採用している。シフトまわりにキズなどもなく、新車同様という印象だった。
「ジャガーXE」では全車8段ATを採用している。シフトまわりにキズなどもなく、新車同様という印象だった。拡大
試乗車は前225/45R18、後ろ245/40R18サイズの「ピレリ・チントゥラート」タイヤを装着。気になるトレッド面の減りなどは確認できなかった。
試乗車は前225/45R18、後ろ245/40R18サイズの「ピレリ・チントゥラート」タイヤを装着。気になるトレッド面の減りなどは確認できなかった。拡大

爽快な走りが楽しめる一台

そんなXEプレステージだけに、走りも期待どおりだ。搭載されるインジニウム2リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンは、わずか1300rpmで最大トルクの320Nmを絞り出すだけに、発進からとても力強く、ほとんどの場面において2000rpm以下で事足りる、頼もしい実力の持ち主だ。もちろん高い実用性はその一面にすぎず、アクセルペダルを踏み込んでいくと、2500rpmを超えたあたりからがぜん盛り上がりを見せ、スポーツサルーンの名にふさわしい爽快な加速が楽しめる。

後輪駆動らしく、素直で軽快なハンドリングがうれしいXEプレステージだが、やはり見どころは洗練された乗り味だ。タイヤとホイールを1インチアップしているにもかかわらず乗り心地は快適で、首都高速の目地段差を越えたときのショックを巧みにいなすのは、さすがジャガー。フラットで落ち着いた挙動や、路面をしっかりと捉える接地性がドライバーに安心感を与えてくれる。走行距離が少なく、整備が行き届いているこの車両は、タイヤやサスペンションの感触に気になる部分もなく、まさに極上といえる一台だった。

サイズといい、価格といい、実に手ごろなXEの認定中古車。これからジャガーの世界に足を踏み入れたいという人には、うってつけのエントリーカーといえるのではないだろうか。

(文=生方 聡/写真=花村英典)

→ジャガー認定中古車の詳しい情報はこちら

→第2回:認定中古車ジャガーXFスポーツブレイクの輝き
→第3回:認定中古車拠点ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立を訪ねる

試乗車には、オプションのパノラミックグラスサンルーフ(21万9000円)が装備されていた。
試乗車には、オプションのパノラミックグラスサンルーフ(21万9000円)が装備されていた。拡大
「XE」では、メーターパネル全面を、ナビ表示に切り替えられる。
「XE」では、メーターパネル全面を、ナビ表示に切り替えられる。拡大
ステアリングやスイッチ類などに、使用感はほとんど見受けられなかった。
ステアリングやスイッチ類などに、使用感はほとんど見受けられなかった。拡大
試乗を行った「XE」の認定中古車は、わずか3148kmという走行距離。まるで新車のようなコンディションだった。
試乗を行った「XE」の認定中古車は、わずか3148kmという走行距離。まるで新車のようなコンディションだった。拡大

試乗車のデータ

ジャガーXE 2.0プレステージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4680×1850×1415mm
ホイールベース:2835mm
車重:1620kg
駆動方式:FR
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
最高出力:200ps(147kW)/5500rpm
最大トルク:320Nm(32.6kgm)/1750-4000rpm
タイヤ:(前)225/45R18 95Y/(後)245/40R18 97Y(ピレリ・チントゥラート)
燃費:11.8km/リッター(JC08モード)
価格:458万円(ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立 認定中古車)
オプション装備:メタリックペイント(13万1000円)/パノラミックグラスサンルーフ(21万9000円)/プライバシーガラス(6万7000円)/ブラインドスポット・モニター<クロージングビークルモニター、リバーストラフィックディテクション付き>(9万9000円)/レーンキープアシスト<居眠り注意機能付き>(8万8000円)/18インチ5スプリットスポークアロイホイール(13万1000円)

→ジャガー認定中古車の詳しい情報はこちら

→第2回:認定中古車ジャガーXFスポーツブレイクの輝き
→第3回:認定中古車拠点ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立を訪ねる

ジャガーXE 2.0プレステージ
ジャガーXE 2.0プレステージ拡大
 
第1回:認定中古車ジャガーXEの走りを確かめるの画像拡大